日本経済新聞

12月20日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

海江田氏「首相の理解に時間」 原発事故の初動遅れ

2012/5/17 20:41
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(黒川清委員長)は17日、海江田万里元経済産業相を参考人として招致した。海江田氏は原子力災害対策本部の設置が遅れたことについて「菅直人首相(当時)の理解を得るのに時間がかかった」と説明。初動対応では「首相官邸と東電、現場の3つが伝言ゲームをやっているような状況だった」と指摘した。

国会事故調に出席し、厳しい表情で質問に答える海江田元経産相(17日午後、参院議員会館)
画像の拡大

国会事故調に出席し、厳しい表情で質問に答える海江田元経産相(17日午後、参院議員会館)

 事故調が国会議員から事情を聴取するのは初めて。海江田氏への聴取は予定の時間を超え、約2時間半に及んだ。

 昨年3月11日、津波による福島第1原発1、2号機の電源喪失を受け、東電は16時45分に原子力災害対策特別措置法に基づき、経済産業省に通報した。これを受けて海江田氏は菅氏に原子力緊急事態宣言の発令と原子力災害対策本部の設置を要請した。

 しかし菅氏が緊急事態を宣言したのは19時すぎで、自治体との連携など政府を挙げての機動的な対応に遅れをもたらした。海江田氏は、菅氏が「原子炉の状況はどうなっているんだ」「(法律の)どこに根拠があるんだ」などとして「菅氏の理解を得るの時間がかかった」と述べた。

 原子炉格納容器の圧力を下げるため外部に気体を放出するベント(排気)では、海江田氏は12日未明にベントをすると発表したが、実際に始まったのは同日午前10時になってからだった。海江田氏は遅れの理由について「東電がこの期に及んで事故を小さく見せようとしているのかと思った」と不信感をにじませた。

海江田元経産相は国会事故調で事故当時の対応の遅れや情報共有の問題について語った

海江田元経産相は国会事故調で事故当時の対応の遅れや情報共有の問題について語った

 原子炉を冷やすための海水注入に関しては、菅氏が海水を入れることで「(核分裂反応が続く)再臨界する可能性はないのか」と懸念を示したと説明。東電が海水注入をなかなか始めなかったのは「廃炉をためらっているからだと感じた」と語った。

 政府が東電に不信を抱いた福島第1からの「撤退」問題を巡っては、海江田氏は14日深夜に当時の清水正孝社長から「第1原発から第2原発に退避したい」と電話があったと指摘。「社長が電話してきた意味を考えると重い決断だったろうと思う」と「全面撤退」だと解釈したことを明らかにした。

 海江田氏は官邸、東電、福島第1の現場の意思疎通について、菅氏が首相官邸内の5階の執務室にこもったことは地下の危機管理センターとの関係で「大きなマイナスだと思っていた」と強調した。15日に菅氏が東電本店に乗り込み、政府・東電統合対策本部を設置したことについては「もっと早く来れば良かった」と振り返った。

 国会事故調は6月をめどに報告書をまとめる。海江田氏に続き、27日には当時、官房長官だった枝野幸男経産相、月末にも菅氏を参考人招致する方針だ。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

海江田万里、東京電力、黒川清、菅直人、清水正孝、福島第1原発、枝野幸男

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円) 17,621.40 +411.35 19日 大引
NYダウ(ドル) 17,804.80 +26.65 19日 16:39
ドル/円 119.53 - .56 +0.36円安 20日 5:48
ユーロ/円 146.16 - .20 -0.30円高 20日 5:49
長期金利(%) 0.350 +0.005 19日 16:01

人気連載ランキング

12/20 更新

1位
マネーHOTトピックス
2位
日経大予測2015
3位
私の履歴書

保存記事ランキング

12/20 更新

1位
地方に本社移転 税優遇 [有料会員限定]
2位
(上)窮地のロシア 岐路に [有料会員限定]
3位
(真相深層)バター ぬぐえぬ品薄 [有料会員限定]
日経Gooday(グッデイ)カラダにいいこと、毎日プラス

日経ウーマノミクスプロジェクト 女性が輝く社会へ 無料会員急増中
GlobalEnglish 日経版
CollegeCafe 日本経済新聞社の学生向け情報サイト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について