消費税、低所得層に現金給付 政府・自民方針
8%増税時、軽減税率見送り

2013/1/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 政府・自民党は16日、消費税率が8%に上がる2014年4月から、低所得層向けに現金の給付措置を実施する方針を固めた。消費増税は低所得層にとって負担が重いため、緩和する措置として現金を配る。給付対象や規模は14年度予算を編成する際に詳細を詰める。食料品などの生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の14年度からの導入は先送りとなる方向だ。

 消費増税に伴う現金給付は1989年の消費税導入時と97年の税率…

電子版トップ

関連キーワード

低所得層、自民党

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
6/24 大引
14,952.02 -1,286.33 -7.92%
NYダウ(ドル)
6/24 終値
17,400.75 -610.32 -3.38%
ドル(円)
6/25 5:50
102.33-34 -2.10円高 -2.01%
ユーロ(円)
6/25 5:50
113.59-63 -4.62円高 -3.90%
長期金利(%)
6/24 15:23
-0.195 -0.050
NY原油(ドル)
6/24 終値
47.64 -2.47 -4.92%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報