首相、冷温停止状態を正式に宣言 「不安要因が解消」
福島第1原発

2011/12/16付
共有
保存
印刷
その他

 野田佳彦首相は16日の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所1~3号機の原子炉が「冷温停止状態」を達成したと宣言した。事故収束に向けた工程表は第2段階(ステップ2)まで終了した。

 首相は「原子炉が冷温状態に達し、発電所そのものの事故は収束に至ったとの確認を行った。ステップ2が完了したことをここに宣言する」と述べた。「安定状況が達成されたことで皆様に不安を与えてきた大きな要因が解消される」とも語った。今後、廃炉を見据えた新たな工程表を月内に公表し、避難区域の見直しに着手する。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

野田佳彦東京電力福島第1原子力発電所

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報