維新「寄り合い所帯」脱却急ぐ 大阪系・旧太陽なお溝

2013/1/14 20:13
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 日本維新の会が通常国会を控え、党の統治体制の確立を急いでいる。14日に政策調査会の組織体制の概要を固めたほか、19日には拡大執行役員会で現行の石原慎太郎代表―橋下徹代表代行(大阪市長)体制から両氏の共同代表制への移行を確認する。ただ石原氏ら旧太陽の党出身者と橋下氏の影響を受ける大阪系の国会議員団の間には政策や党運営でなお溝がある。

 14日にまとめた政調の組織案では、政府提出法案や議員立法を分野ご…

関連キーワード

橋下徹、石原慎太郎、松井一郎、片山虎之助、自見庄三郎

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版スタート割実施中 今なら電子版が6月末まで無料! お申し込みは5/31まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
5/22 大引
20,264.41 +61.54 +0.30%
NYダウ(ドル)
5/22 16:32
18,232.02 -53.72 -0.29%
ドル(円)
5/23 5:49
121.49-54 +0.77円安 +0.64%
ユーロ(円)
5/23 5:49
133.83-88 -0.99円高 -0.73%
長期金利(%)
5/22 16:06
0.410 +0.005
NY原油(ドル)
5/22 終値
59.72 -1.00 -1.65%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報