国の借金、過去最大958兆円 1人当たり750万円
11年12月末時点

2012/2/10 20:07
保存
印刷
その他

 財務省は10日、国債や借入金を合わせた国の借金が、2011年12月末時点で過去最大の958兆6385億円になったと発表した。今年1月1日時点の日本の総人口(1億2773万人)で割ると、国民1人当たり約750万円の借金を抱えている計算になる。

 11年9月末から4兆2205億円増えた。東日本大震災の復興費用を賄う復興債発行などで、国債残高が8兆3296億円増の782兆1753億円となったことが響いた。今回発表した国の債務残高は国債や借入金、財投債、政府短期証券を合計した国の資金調達の全体像を示している。

 12年度末の国の借金は1085兆5072億円に膨らむ見込み。国の予算は09年度以降、新規の国債発行額が税収を上回る事態が続いている。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

借金財務省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報