次世代加速器、経済効果は45兆円 日本生産性本部が試算

2013/6/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 宇宙誕生の謎に迫る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」建設の経済効果は30年間で合計約45兆円――。日本生産性本部は11日、ILCを日本に建設した場合の経済効果の試算を初めてまとめた。加速器製造で得られる雇用はのべ53万人と推計し、成長戦略の柱として活用できるとした。

 ILCは世界の研究者が設置を計画している最先端の粒子加速器。物の質量(重さ)の起源とされる「ヒッグス粒子」の存在をほぼ…

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

ILC、日本生産性本部、経済効果

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
2/09 14:33
16,082.08 -922.22 -5.42%
NYダウ(ドル)
2/08 16:33
16,027.05 -177.92 -1.10%
ドル(円)
2/09 14:14
114.55-58 -2.77円高 -2.36%
ユーロ(円)
2/09 14:14
128.39-44 -2.27円高 -1.74%
長期金利(%)
2/09 12:57
0.000 -0.035
NY原油(ドル)
2/08 終値
29.69 -1.20 -3.88%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報