原発停止中も燃料課税 9道県、税収確保へ動く
電力会社は負担増に

2012/12/7 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 原子力発電所が立地する地方自治体で、停止中の原発に核燃料税を課す動きが目立ってきた。全13道県のうち9道県が課税を決めたり前向きに検討したりしている。原発の再稼働が読みづらい中で、運転状況にかかわらず税収を確保する仕組みが広がりつつある。防災対策を担う関係自治体の財政難を映す半面、税を納める電力会社の負担は増す。

 核燃料税は原子炉に入れる核燃料の価格などに応じて電力会社に課す。福井は昨年11月に…

関連キーワード

核燃料税、東京電力、北海道電力、北陸電力

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/04 5:48
122.68-84 -0.47円高 -0.38%
ユーロ(円)
7/04 5:48
136.20-36 -0.51円高 -0.37%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報