速報 > 政治 > 記事

TPP、各党のスタンスあいまい 農業票を意識
衆院選争点、党内に慎重論

2012/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 衆院選で争点になる環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加をめぐり、各党の主張に曖昧さが目立ってきた。農業票の行方を気にしているためで、党内に公約への異論がくすぶる党もある。及び腰の論戦に終始すれば、新政権発足後も通商政策は迷走しかねない。

 11月20日、野田佳彦首相(民主党代表)はカンボジアでオバマ米大統領と会談し、TPP交渉参加に向けた事前協議を加速することで一致した。

 だが民主党のマニフ…

関連キーワード

TPP、オバマ、野田佳彦、山田正彦、FTA、安倍晋三、RCEP

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)



【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/31 大引
20,585.24 +62.41 +0.30%
NYダウ(ドル)
7/31 16:36
17,689.86 -56.12 -0.32%
ドル(円)
8/01 5:49
123.92-94 -0.29円高 -0.23%
ユーロ(円)
8/01 5:49
136.12-16 +0.31円安 +0.23%
長期金利(%)
7/31 16:10
0.410 ±0.000
NY原油(ドル)
7/31 終値
47.12 -1.40 -2.89%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報