米国など9カ国拡大会合が開幕 知財保護など協議

2012/3/1付
共有
保存
印刷
その他

 【メルボルン=柳迫勇人】米国など9カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)の第11回拡大交渉会合が1日、オーストラリアのメルボルンで始まった。今回は9日までの日程。意見の隔たりが大きいとみられる関税撤廃のほか、知的財産や政府調達など20以上の分野で法的文書作りを急ぐ。6月に文書の大枠を固め、年内の交渉妥結を目指す方向も確認するとみられる。

 日本政府は今回の会合に参加していない。会合では、米国が提案した「国営企業の保護見直し」と「医薬品の知的財産権保護強化」を協議する方向だ。知財保護では米大手医薬会社の要望を受け、知財権の期間延長を求める。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

メルボルンTPP知財保護

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 7:01
20日 7:01
東北 20日 7:01
20日 7:00
関東 20日 7:01
20日 7:01
東京 20日 7:01
20日 7:00
信越 20日 7:00
20日 7:00
東海 20日 22:45
20日 22:44
北陸 20日 7:01
20日 7:01
関西 20日 23:10
20日 7:53
中国 20日 6:02
20日 6:00
四国 20日 6:02
20日 6:00
九州
沖縄
20日 21:59
20日 21:57

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報