パナソニック最終赤字7650億円 13年3月期
予想を下方修正 4~9月6851億円の赤字、改革費用かさむ

2012/10/31付
共有
保存
印刷
その他

 パナソニックが31日に発表した2012年4~9月期の連結決算米国会計基準)は、最終損益が6851億円の赤字(前年同期は1361億円の赤字)だった。ソーラーや民生用リチウムイオン電池などで事業構造改革費用が発生し、赤字幅が拡大した。繰り延べ税金資産の取り崩しも響いた。

 固定費圧縮や事業構造改革の進展で採算が改善し、営業利益は前年同期比84%増の873億円だった。売上高は9%減の3兆6381億円。国内テレビ事業など映像関連機器が低迷した。

 4~9月期の配当(中間配当)は見送った。前年同期の実績は5円だった。

 2013年3月期の連結業績は最終損益が7650億円の赤字(前期は7721億円の赤字)になるもよう。年間配当計画はゼロ円とする。前期実績は10円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

パナソニック最終損益日経QUICKニュース

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:02
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
7:05
北陸 6:10
6:01
関西 6:02
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報