株、1万1000円台回復 輸出株と内需株の両輪が回転 好循環のサイン

(1/2ページ)
2013/1/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 30日の東京株式市場で日経平均株価は前日比247円23銭高の1万1113円95銭と大幅続伸し、2010年4月30日以来2年9カ月ぶりに1万1000円台を回復した。これまでは円安基調を受け輸出関連がけん引してきたが、ここにきて内需関連が好材料で買われる場面も目立ち、輸出株と内需株の両輪が回転し始めた。円安が一服している間は「好業績」や「出遅れ感」に着目した内需株買いが相場を支え、円安が進むと輸出関…

電子版トップ

関連キーワード

日経平均株価ホンダヤフー松井証券ソフトバンクコマツJR東海BNPパリバ証券マツダ日産自日経QUICKニュース

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報