<東証>ソニーが約32年半ぶりの安値 一時11%安 CB発行を嫌気

2012/11/15 9:33
保存
印刷
その他

(9時25分、コード6758)大幅安。売り気配で始まり、一時は前日比98円(11.3%)安の772円まで下落した。株式分割考慮後では、1980年4月以来約32年半ぶりの安値を付けた。14日の大引け後に1500億円のユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行すると発表した。将来、株式に転換された場合の1株利益の希薄化を懸念した売りが膨らんだ。

 調達する1500億円はオリンパス(7733)への出資や子会社の買収資金、社債の償還資金などに充当する予定。転換価格は957円と14日終値に比べ1割近く高い水準だ。仮にすべてのCBが株式に転換された場合は、現在の発行済み株式総数の15.6%に相当する1億5673万株増える見通し。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

ソニー東証オリンパス日経QUICKニュース

【PR】

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報