日本企業の海外M&A件数、バブル期以来の最多更新
12年、11カ月で467件

2012/12/5付
共有
保存
印刷
その他

 M&A(合併・買収)助言を手掛けるレコフによると、日本企業の海外企業のM&Aが2012年1月から11月末までの累計で467件に達した。過去の年間最多は1990年の463件で、年末まで1カ月を残し、22年ぶりに最多を更新した。11年年間は455件だった。

 今年は米欧企業の買収で世界シェア上位を確保しようとする動きが非製造業を中心に活発だった。為替相場が1ドル=80円前後の円高水準で推移したことも、手元資金に余裕がある企業の経営判断を後押しした。

 1月以降の累計の買収総額は6兆8592億円で、11年年間の6兆3864億円を上回っている。ソフトバンクによる米携帯電話大手のスプリント・ネクステルの買収などの大型案件などが注目を集めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

スプリント・ネクステルソフトバンク

【PR】

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報