<東証>シャープの上昇率5%超に 2カ月ぶり高値

2012/12/5付
保存
印刷
その他

(9時40分、コード6753)5日午前の東京株式市場でシャープ株が上げ幅を拡大し、一時前日比10円(5.7%)高の184円まで上昇した。2カ月ぶりの高値を付けた。前日の取引終了後、米半導体大手のクアルコムと新型パネルを共同開発すると正式に発表した。シャープは同開発に伴いクアルコムから約99億円の出資を受けることになっており、収益改善や財務基盤の強化を期待した買いが入っているようだ。

 スマートフォン(スマホ)やタブレット端末向けに、液晶より消費電力が少なく低コストで製造できる次世代パネル「MEMS(メムス)ディスプレー」を開発する。シャープは制御回路向けに、最新の省エネ液晶パネル「IGZO(イグゾー)」の技術を提供する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

シャープクアルコムスマホ

【PR】

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報