ソニー、今期最終赤字2200億円 テレビ不振響く
営業損益、3年ぶり赤字に

2012/2/2付
共有
保存
印刷
その他

 ソニーは2日、2012年3月期の連結最終損益(米国会計基準)が2200億円の赤字(前期は2595億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想に比べ赤字幅が1300億円拡大し、最終赤字は4期連続となる。厳しい価格下落を背景にテレビ事業が不振。円高進行やタイの洪水の影響に加え、韓国サムスン電子との液晶合弁解消に伴い減損損失が発生することも響く。

 売上高は前期比11%減の6兆4000億円、営業損益は950億円の赤字(前期は1998億円の黒字)の見通し。いずれも従来予想から下方修正した。営業赤字は09年3月期以来3年ぶり。

 同時に発表した11年4~12月期の連結決算は、最終損益が2014億円の赤字(前年同期は1292億円の黒字)だった。売上高は前年同期比13%減の4兆8927億円、営業損益は658億円の赤字(同2731億円の黒字)となった。〔日経QUICKニュース〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ソニー前期最終赤字サムスン電子

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 26日 10:38
24日 7:01
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 2:00
1:31
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 26日 22:41
24日 6:05
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
26日 22:06
26日 22:03

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報