日本経済新聞

4月24日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

発行部数300万部の「週刊少年ジャンプ」を支える熱い女子
日経エンタテインメント!

(1/3ページ)
2012/11/5 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 「週刊少年ジャンプ」といえば、『ONE PIECE』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所』など国民的人気作を生み出す、売り上げナンバーワン・マンガ誌。“少年”と銘打ってはいるけれど、実際の読者は女性が半数近いといわれる。なぜ「少年ジャンプ」は女子にも愛されるのか。

 「週刊少年ジャンプ( 以下、ジャンプ)」は、少年誌のみならず、全マンガ誌で最多の売り上げを誇る。一般に「少年誌」というと、10代の少年を主要な読者層としてターゲッティングしているイメージがある。しかし、実は「ジャンプ」読者はほかの雑誌と比べても女性読者が多い異色の存在だ。下に掲載したマンガの単行本売り上げデータを見ても、女性読者比率が高い作品が少なくないことが分かる。

画像の拡大

■「ジャンプ」女子の系譜

 数ある少年誌の中で、なぜ「ジャンプ」は女子の引きが強いのか。ジュンク堂書店で少年マンガを担当し、自身も少年マンガ好きという山口由香里さんは「『ジャンプ』には脈々と続いてきた、“女子好き(女子から好かれる)”の系譜がある。それが成熟したのが今という印象」と語る。

 女子好きの先駆けとなった作品は、1977~1981年に連載された車田正美によるボクシングマンガ『リングにかけろ』だ。頂点を目指す少年ボクサーたちが、必殺技を駆使して戦うバトルが少女たちの心をもつかみ、女性読者層の拡大に大きな役割を果たした。

 その流れをより確かなものにしたのが、1981~1988年連載の『キャプテン翼』だ。この作品は1983~1986年に放映されたテレビアニメで一気に人気爆発。テレビ東京のアニメ視聴率の最高記録(21.2%)は、現在も破られていない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

週刊少年ジャンプ、ONE PIECE、車田正美、こち亀、キャプテン翼、るろうに剣心、テニスの王子様、黒子のバスケ、スラムダンク

“ベストセラー”を読み解く

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日経エンタテインメント!

連ドラ主演、10年続く条件とは 俳優の成功法則

 連続ドラマの主演・ヒロインは、人気と実力が認められて初めて勝ち取ることができる、ステータスの1つだ。しかし、その座を維持するのは難しく、10年以上も主演を張り続けられるとなると、条件は格段に厳しくな…続き (4/21)

チームKとして最後の公演となりそうな『最終ベルが鳴る』での大島優子。2014年2月20日のゲネプロでは、最後の曲で涙をこぼす場面も

日経エンタテインメント!

主力級が続々脱退 女子アイドル卒業名簿2014

 女子アイドルにはつきもののグループからの卒業。この春も多くのアイドルが新しい一歩を踏み出す。人気メンバーの卒業は本人だけでなくグループにも大きな影響を与える。特に今年は人気メンバーの卒業が目立つ。…続き (4/14)

和田竜(わだ・りょう)。1969年、大阪生まれ、広島育ち。2003年、繊維業界紙の記者である傍ら書いた脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。これを小説化した『のぼうの城』で2008年に直木賞候補となる。同作は2012年に映画化され200万部超のヒットに。著書に『小太郎の左腕』など(写真:鈴木芳果)

本屋大賞受賞、著者・和田竜が語る「村上海賊の娘」

 『のぼうの城』で一躍その名を知らしめた歴史小説の旗手、和田竜。4年ぶりとなる新作『村上海賊の娘』は、上下巻で1000ページ近い超大作だ。同書は、2014年3月に吉川英治文学新人賞を受賞。そして今回、…続き (4/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

映画館検索

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について