特集:シェール革命の真実

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シェール革命で過不足する原料 次は「石炭革命」か

(1/3ページ)
2013/11/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 シェール革命は、石油や天然ガスを原料とする樹脂(プラスチック)などの価格に大きな影響を与える可能性がある。前回は、最も基本的な化学原料であるエチレンの価格が、生産能力の急拡大によって低下する一方、タイヤに使う合成ゴムの主原料であるブタジエンなど、不足が予測される原料もあることを指摘した。特集「シェール革命の真実」の第4回では、前回に引き続き、シェール革命の化学工業への影響を具体的に見ていこう。

 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

シェール革命の真実


日経BPの関連記事

【PR】

特集:シェール革命の真実 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米国に「燃費気にしない」機運、技術戦略に転換迫るか [有料会員限定]

 同じ熱量当たりで比べると、価格が原油の4分の1以下のシェールガスはクルマの燃料としても使える。一方で、シェールオイルの増産が世界的に進んで原油の生産量が大幅に増えれば、ガソリン価格の低下も期待できる…続き (2013/12/19)

図3 Audiが開発したバイフューエル車「A3 Sportsback g-tron」。ガソリンだけではなく天然ガスも燃料として使える。走行1km当たりのCO2排出量は95g/kmで、プリウスの89g/kmに迫る。Audiは2013年内に発売する方針。価格は未定(写真:日経Automotive Technology)

シェール使える天然ガス車のアキレス腱 [有料会員限定]

 同じ熱量当たりで比べると、価格が原油の4分の1以下のシェールガスはクルマの燃料としても使える。一方で、シェールオイルの増産が世界的に進んで原油の生産量が大幅に増えれば、ガソリン価格の低下も期待できる…続き (2013/12/11)

シェールガス採掘場の例。写真はネクセンが主導して生産中の、カナダのシェールガス鉱区「ホーンリバー」

シェール革命で過不足する原料 次は「石炭革命」か [有料会員限定]

 シェール革命は、石油や天然ガスを原料とする樹脂(プラスチック)などの価格に大きな影響を与える可能性がある。前回は、最も基本的な化学原料であるエチレンの価格が、生産能力の急拡大によって低下する一方、タ…続き (2013/11/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 小学校の“先生”がプログラミングを体験―必修化に向けて横浜市
  • 家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは
  • VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にするかもしれない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト