ソフトバンクモバイル、“国内最高速”の「Softbank 4G」を開始

(1/2ページ)
2011/9/29付
共有
保存
印刷
その他

写真1 AXGP(TD-LTE)を利用した「Softbank 4G」を発表するソフトバンクモバイルの孫正義社長
画像の拡大

写真1 AXGP(TD-LTE)を利用した「Softbank 4G」を発表するソフトバンクモバイルの孫正義社長

 ソフトバンクモバイルは2011年9月29日、同社の関連会社であるWireless City Planning(WCP)がインフラ展開する2.5GHz帯を使ったデータ通信規格「高度化XGP(AXGP)」を活用する下り最大110Mビット/秒の通信サービス「Softbank 4G」を2011年11月1日から開始すると発表した。まずは試験サービスとして開始し、2012年2月に本サービス化する計画だ。

 AXGPは、旧ウィルコムが推進していたデータ通信規格「XGP」を拡張した規格。帯域幅を10MHz幅から20MHz幅に拡張し、上り下りの非対称や多元接続方式にOFDMAに加えてSC-FDMAを追加している。その結果、中国やインドで導入の検討が進む「TD-LTEに100%互換」(ソフトバンクモバイルの孫正義社長、写真1)の形となり、スケールメリットを生かした機器の調達がしやすくなった。日本の制度上はAXGPとしての位置付けだが、その実態はTD-LTEそのものと言えそうだ。通信速度は下り最大110Mビット/秒、上り最大15Mビット/秒である。

写真2 イー・アクセスのDC-HSDPA、UQコミュニケーションズのモバイルWiMAX、NTTドコモのLTEと比較した速度面の優位性をアピール
画像の拡大

写真2 イー・アクセスのDC-HSDPA、UQコミュニケーションズのモバイルWiMAX、NTTドコモのLTEと比較した速度面の優位性をアピール

 孫社長はAXGP(TD-LTE)を用いたSoftbank 4Gについて、「競合他社のサービスと比較して、日本でも最高速の通信インフラ。さらなる快適な通信を届けたい」とアピール(写真2)。エリア展開も急ぎ、「2012年度末までに全国政令指定都市の99%をカバーしたい」(孫社長)とした。

 Softbank 4Gに対応した端末の第1弾として、モバイルルーター型の「ULTRA WiFi 4G Softbank 101SI」(セイコーインスツル製)を2012年2月に発売する(写真3)。端末の処理性能の制限から、こちらの端末では下り最大76Mビット/秒、上り最大10Mビット/秒となる。AXGP(TD-LTE)のほかに、下り最大42ビット/秒のDC-HSDPAにも対応する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ソフトバンクモバイルウィルコムTD-LTE

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 10:38
24日 7:01
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 1:30
25日 23:02
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
25日 1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報