日本経済新聞

10月30日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

左右バランスを整えて腰痛解消 ゆがみリセット学(5)
竹井仁

(1/6ページ)
2012/3/4 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「いつも片側だけ腰が痛い」とか、「ぐいっとひねると腰にずーんと響く」といった慢性腰痛には、体の「左右差」が関わっています。腰骨の高さが違う、横座りが片方だけうまくできない……。思いあたるあなたは、今回の体操がしっかり効くタイプ! 左右差によって硬くなった筋肉を伸ばし、弱くなった筋肉を鍛える体操をしっかり続ければ、つらい腰痛も根本解決が可能です。左右差が整えばウエストやお尻もすっきりし、O脚も改善するなど、うれしい変化もたくさん!

腰の片側だけが痛む?  ひねったときに腰が痛む?  腰の決まった側だけが痛かったり、ひねったときに痛むのが「左右バランスの崩れ」による腰痛の特徴。これに対して「前後バランスの崩れ」による腰痛は腰全体が痛む。もちろん、2タイプの腰痛が同時に起こることもある。

腰の片側だけが痛む?  ひねったときに腰が痛む?  腰の決まった側だけが痛かったり、ひねったときに痛むのが「左右バランスの崩れ」による腰痛の特徴。これに対して「前後バランスの崩れ」による腰痛は腰全体が痛む。もちろん、2タイプの腰痛が同時に起こることもある。

 特別何かをしたわけではないのに腰がズキズキ痛む、常に違和感を感じる、といった慢性腰痛。そのうち、前回は「姿勢」が原因で起こる腰痛についてお話ししました。体の後ろ側の筋肉が頑張りすぎて硬直し、前側の筋肉が弱くなった「反り腰」姿勢が主な原因でしたね。これは、いわば「前後バランス」の崩れの表れ。今回はもう一つの腰痛の原因、「左右バランス」についてお話ししましょう。

 腰の高さが左右で違うなど、左右バランスの崩れがある人はとても多いですね。前後バランスの崩れによる腰痛は「腰全体が痛い」のに比べて、左右バランスの崩れによる腰痛には、「片側だけ」とか「ひねったときに特に痛い」という特徴があります。今は腰痛でなくても、左右のバランスが崩れている人は、ちょっと運動したり疲れがたまったりすると、腰痛になる可能性が高いんです。

 左右差は、鏡でチェックしてみましょう。まずは骨盤の高さから。骨盤が高い方の腰が痛む、という特徴があります。

骨盤の左右差はO脚や足首にも影響

 なぜ骨盤が高いほうの腰が痛むのか。発端はお尻の外側にある「中殿筋」が弱くなることにあります。中殿筋は脚の付け根の股関節を開く働きをし、立ち方、スポーツの影響などで緩みやすい筋肉。股関節を開くだけでなく、立っている状態では骨盤を地面方向に引っ張るようにも働きます。だから、中殿筋が弱ると骨盤が上に持ち上がるんです。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 6ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[左]心臓は「心筋」という筋肉でできた袋。内部は4つの区画に分かれている。たくさんの血液が流れ込むと、袋が膨らんで心筋が引き伸ばされる。
[右]心筋は、引き伸ばされるほど強い収縮力を出す。流入する血液が増えるほど力強く縮む。だから、入ってきた血液をすべて押し出すことができる。
(イラスト:江田ななえ、以下同)

一番大事な心臓の、意外と単純なしくみ

 生きている限り、日夜休みなく働き続ける心臓。もし内臓の人気投票をしたらきっとトップでしょう。働きぶりがわかりやすいし、「ハート形」は親しまれているし。でも案外、素顔は知られていないかもしれません。ど…続き (10/26)

(Photo:zole4)

1日5グラムが世界基準、日本人まだ塩分取り過ぎ

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文、米国の状況を交えながら、健康や…続き (10/19)

食事はバランスに注意しながらしっかりとろう

妊婦さん痩せすぎにご用心、子どもの病気リスク高める

 中心的な妊孕(にんよう)世代である20、30代の女性の「痩せ」が問題だ。妊婦の栄養不足は、2500グラム未満の低出生体重児につながりやすく、そのことは赤ちゃんが将来、2型糖尿病、高血圧など生活習慣病…続き (10/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について