クリーンテック最前線

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

EVの祭典で見た「光」 普及モードに入るための条件

(3/3ページ)
2012/10/31 7:00
共有
保存
印刷
その他

■急速充電をどこでも可能に

 EVフェスティバルで今回初登場したもう一つのものが、移動型の急速充電器である。タイヤやホイールなどを販売する三輪タイヤ(京都市)は、EV用移動急速充電車「Q電丸」を出展した(図7)。

図7 三輪タイヤが開発したEV用移動急速充電車「Q電丸」
画像の拡大

図7 三輪タイヤが開発したEV用移動急速充電車「Q電丸」

 Q電丸は、日野自動車のトラック「デュトロ」をベース車両とし、ディーゼル発電機とリチウムイオン蓄電池、急速充電器(菊水電子工業製)を搭載する。Q電丸があれば遠方で電欠を起こしたEVの所まで走っていき、充電することができる。また、菊水電子工業も急速充電器を搭載したワゴン車で来場し、メーカーの試乗用EVと一般来場者のEV数台に対して充電を行っていた(図8)。

図8 菊水電子工業の急速充電器搭載ワゴン。三菱自動車の「i-MiEV」に充電しているところ
画像の拡大

図8 菊水電子工業の急速充電器搭載ワゴン。三菱自動車の「i-MiEV」に充電しているところ

 実は筆者も、日産のリーフを都内でレンタルし、筑波まで来ていた。幸い、筑波サーキットで充電できたため、帰路で電欠の懸念もなく安心して走行することができた。

 菊水電子工業によると、「この種のイベントでの急速充電の協力要請が最近は増えている」という。「こうした時には協力はするものの、急速充電器の販売まではなかなか到達しない」と同社の社員は苦笑しつつ、固定型急速充電器とともにQ電丸のような移動急速充電車両や移動充電サービスの登場に期待感を示していた。

 確かに、現状を見るとEVの普及は一朝一夕には進みそうもない。しかし、今回のイベントで示されたように、自動車メーカー大手の大半がEVを販売し、固定型か移動型かを問わず充電インフラの整備が進展すれば、EVは急速に「普及モード」に突入する可能性はある。

(テクノアソシエーツ 大場淳一)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

クリーンテック最前線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

クリーンテック最前線 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 各設備に設置するコントローラー(写真: Regen Energy)

小規模ビルもITで省エネ 簡単設置で導入コストの壁破る

 小規模ビルでも導入しやすいBEMS(ビルエネルギー管理システム)が北米で注目されている。ビルの電力を制御してエネルギー効率を上げるBEMSは、大規模なビルほど省エネ効果が大きく導入が進んでいるが、小…続き (2013/8/14)

写真1 東京ゲートブリッジ(写真:東京都港湾局)

どこでもセンサー、社会変える「ソーシャルデバイス」

 道路や橋、上下水道といった社会インフラの老朽化が深刻さを増している。とりわけ日本は人口減少も始まっており、インフラの保守・保全は社会全体の大きな課題と言える。こうした課題解決を支援するものとして注目されている…続き (2013/8/7)

図1 テラモーターズの電動バイク「A4000i」

バイクとスマホ 「必需品」でアジアに挑むベンチャー

 「バイク業界のテスラモーターズを目指す」――。二輪車のベンチャー企業テラモーターズ代表取締役社長の徳重徹氏は2013年7月11日、「iPhone」と連携させることが可能な世界初の量産型電動バイク「A…続き (2013/7/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月26日付

2017年6月26日付

・解像度4倍の液晶部材、エスケーエレクトロニクス 2工場、70億円投資
・出版社在庫 書店が照会 日販がシステム開発
・ホウレンソウ、不安緩和 酵素の働きを確認
・電力損失5割低減、新型SiCパワー半導体モジュール 富士電機が生産へ
・フクダ電子、睡眠時無呼吸症の検査で新装置 装着状態を一目で確認…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト