日本経済新聞

4月16日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

著名アナリストが自動車メーカーの競争力を多角的に分析する「自動車メーカー解体新書」が始まりました

新製品 解剖

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

広がり見せるハイブリッド車 話題の9車種を解剖

(1/4ページ)
2014/2/1 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ハイブリッド車(HV)の販売が拡大を続けている。HVは、2013年の自動車全体に占める販売台数は17%を超え、車名別販売台数ベスト10に3台が入るほど一般的になってきた。トップのトヨタ自動車が「アクア」「プリウス」など人気の専用車だけでなく、小型セダンの「カローラ」にも採用、富士重工業やマツダも主力車種にHVモデルを加えた。押され気味だったホンダも、上級セダン「アコード ハイブリッド」で同クラスでは突出した燃費(ガソリン1L当たりの走行距離30km)を達成し、コンパクト車「フィット ハイブリッド」は一時、「アクア」から燃費トップの座を奪うなど競争は激しさを増している。日産自動車の「スカイライン」やトヨタ「ハリアー」のように高価格帯の車種にも広がるなど多様性も増した。

 2013年6月~今年2月発売の9車種を日経産業地域研究所が評価した。評価した車はトヨタ自動車の4車種、ホンダの2車種、富士重工業、マツダ、日産自動車のそれぞれ1車種。

※詳細ページの情報は、掲載当時のものです。

各社が力を入れるハイブリッド車。左上から右にトヨタ自動車「カローラ ハイブリッド」、「SAI」、「アクア」、中段左から右に「ハリアー」、ホンダ「アコード ハイブリッド」、「フィット ハイブリッド」、下段左から右に富士重工業「スバルXV ハイブリッド」、マツダ「アクセラ」、日産自動車「スカイライン」

各社が力を入れるハイブリッド車。左上から右にトヨタ自動車「カローラ ハイブリッド」、「SAI」、「アクア」、中段左から右に「ハリアー」、ホンダ「アコード ハイブリッド」、「フィット ハイブリッド」、下段左から右に富士重工業「スバルXV ハイブリッド」、マツダ「アクセラ」、日産自動車「スカイライン」

【トヨタ自動車】

●ガソリン車並みの居住性 「カローラ ハイブリッド」

画像の拡大

 主力車「カローラ」初のHVが2013年8月6日発売された。トヨタ自動車が追加したのは小型セダン「カローラ アクシオ」と小型ワゴン「カローラ フィールダー」のハイブリッド版。同社のハイブリッド専用車「アクア」のシステムを使い、燃費はアクア(35.4km/L)とベストセラーハイブリッド車「プリウス」(32.6km/L)の間の33.0km/L。燃料タンクやニッケル水素バッテリーを後席下に配置し、後席の膝前スペースは640mmとガソリン車並みの居住性を確保。荷室容量もアクシオ461L、フィールダー407Lとアクア(305L)やプリウス(294L)を上回る。ガソリン車よりもスポット溶接を増やしてボディー剛性を高めるとともに吸・遮音材を追加して乗り心地と静粛性を改善した。

 カローラはモデルチェンジごとに大型化してきたが、2012年5月発売のモデルから初めて前モデルより小型にした。今回のハイブリッド車もそのガソリン車と同じサイズだ。メーターは充電池残量やハイブリッドシステム出力状況などエコ運転情報をひと目でチェックできる4.2インチの液晶画面を設定。約1万5000円追加でシートヒーター装着車を選べる。価格と月間販売目標は「アクシオ ハイブリッド」は192万5000~209万750円で1000台、「フィールダー ハイブリッド」(写真)は208万5000~226万円で1500台。

▼詳細はこちら

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

新製品 解剖 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

サントリー酒類の「ふんわり鏡月 うめ」

グラスに注ぐだけの手軽な梅割り飲料 [有料会員限定]

 サントリー酒類は、グラスに注ぐだけで手軽に飲める焼酎ベースの「ふんわり鏡月 うめ」を4月1日に発売した。RTS(レディー・トゥー・サーブの略)と呼ぶ、栓を開けてグラスにそのまま注ぐだけで、割り材で割…続き (4/16)

米アイロボットの「ルンバ880」

吸引力を高め手入れを軽減したロボット掃除機 [有料会員限定]

 米アイロボットは吸引力など処理性能を高め、手入れの手間を軽くしたロボット掃除機「ルンバ880」を3月1日に発売した。モーターの駆動力を高めたうえヘッド部分でごみをかき込むハケの代わりに樹脂製のローラ…続き (4/15)

ホンダの「ダンク」

ホンダの12年ぶり原付き1種二輪車、性能十分も高価格 [有料会員限定]

 ホンダは2月20日、エンジン排気量50cc以下の原動機付き自転車(原付き1種バイク)「ダンク」を発売した。ホンダが車体からエンジンまで新開発した原付きバイクは2002年のトゥデイ以来12年ぶり。すっ…続き (4/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について