日本経済新聞

11月23日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ライフスタイル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

恋はなくても平気 増える女性の「恋愛離れ」

(1/2ページ)
2013/8/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 シングル女子の「彼ナシ率」が上がる一方、なかなか恋に夢中になれない…という人も増えています。その背景にはいったいなにがあるのか? 働く女性の恋愛「低温化」の理由について専門家の意見を聞きました。

■自分から恋愛を遠ざけている可能性も?

 「周りに好きになれる男性がいない」「年齢を重ねるにつれ、恋に消極的になってしまった」…。様々な理由で恋愛から遠ざかっている低体温恋愛女子も少なくない。月刊誌「日経W…

関連キーワード

牛窪恵、恋愛離れ、山田昌弘、結婚、婚活、恋愛

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

ライフスタイル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

小6までに2000冊読破 読書はゲーム時間と同じだけ

 突然ですが、うちの息子(中1)が持っているケータイは、本人の希望でガラケーです。が、最近、スマートフォン(スマホ)が欲しくなったみたいで「買って」とよく言われます。…続き (11/21)

1日に3文「振り返り日記」で好きな自分になる [有料会員限定]

 手帳を使いこなせていない人は必見。手帳でスケジュールやタスク管理をするだけではもったいない。日々の出来事を手帳に書いて振り返ることで、なりたい自分に近づけます。そんな手帳の使い方をご紹介しましょう。

…続き (11/20)

かわかみ・みえこ 1976年、大阪府生まれ。小説家、詩人、ミュージシャン。2002年ビクターエンタテインメントより川上三枝子名義でデビュー、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。07年、初の中編小説『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が芥川賞候補となる。同作で早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。08年に『乳と卵』が芥川賞に輝く。09年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞受賞。同年に長編小説『ヘヴン』を発表し、芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞を受賞。13年、短編集『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞受賞。ほかの著書に『すべて真夜中の恋人たち』など。『乳と卵』『ヘヴン』をはじめ、著書は海外数カ国で翻訳されている。プライベートでは、11年に作家・阿部和重と結婚、翌年長男を出産した。

芥川賞作家が語る、出産してからの苦しく楽しい2年間

 ミュージシャンであり、詩人であり、女優活動も。小説家としては2作目『乳と卵』で芥川賞を受賞。私生活では、同じ芥川賞作家である阿部和重さんの妻であり、2歳になる息子のママである。思うままに生きてすべて…続き (11/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について