Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

将棋電王戦でミスなく仕事 「代指しロボット」の舞台裏

(1/3ページ)
2014/4/9 7:00
共有
保存
印刷
その他

 プロ棋士とコンピューターソフトが対局するイベント「第3回将棋電王戦」(主催:ドワンゴ、日本将棋連盟、全5局を異なる場所で開催)では、コンピューターの指示した手を将棋盤上で再現する“代指しロボット”の「電王手くん」が採用されている。2014年3月15日に開催された第1局では、休憩も含めて10時間20分に及ぶ長丁場を終始無難に動作し続けた。開発を指揮したデンソーウェーブ制御システム事業部技術企画部製品企画室主任の澤田洋祐氏への取材に基づいて、電王手くんの活躍の裏側に迫った。

 有明コロシアムで行われた第1局では、電王手くんを対局場の畳の上に置いただけのように見える。だが、実際はその下にある床面に固定していた。対局場は床面に対して30cmほど上げ底になっており、電王手くんのコントローラーもこのスペースに格納していた。コントローラーは、対局場の外にある控え室のコンピューターと有線LANでつながっていた。

対局場と床面。対局場は床面に対して30cmほど高くなっていた
画像の拡大

対局場と床面。対局場は床面に対して30cmほど高くなっていた

デンソーウェーブの澤田洋祐氏

デンソーウェーブの澤田洋祐氏

 澤田氏によれば、第1局の設置環境は全5局の中ではまだマシな方だったという。第3局の会場である「あべのハルカス」では電王手くんをじゅうたんの上に、第5局の「東京・将棋会館」では畳の上に設置せざるを得ない。こうした柔らかい床面に設置する場合は、揺れへの対策が重要になる。

■駒を成らせる動きに工夫

 開発陣の工夫の跡がしのばれたのは、駒を成らせる動きである。まず将棋盤上にある対象の駒を吸着し、その駒を将棋盤の外にある治具に立てて置く。その後、反対側から吸着し、将棋盤上の所定のマスに置くという手順で実現している。駒を立てるための治具は、電王手くんの左斜め前方に設置した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アプリ「Bリーグスマホチケット」を使うユーザーは、チケット購入、友だちへのチケット送付、入場、情報受け取りなどがアプリ1つで完結する。入場時は電子スタンプを活用する

チケットの6割アプリ経由で購入、Bリーグ好調なワケ [有料会員限定]

 2016年9月に開幕した男子プロバスケットボールのBリーグが順調だ。日程の半分強を消化した2017年1月末時点で、1部に当たるB1の1試合当たり平均入場者数は2711人と昨季から29%増加。入場料収…続き (3/28)

JR西日本エリアを運行する山陽新幹線の「N700系」

JR西、乗務員に8600台iPad ダイヤ乱れの影響を即把握 [有料会員限定]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は2017年度に、西日本エリアで運行する全車両の乗務員を対象に計8600台のiPadを導入する。iPadには、いずれも独自に開発した「列車運行情報一覧アプリ」や、新幹線乗…続き (3/27)

図2 新技術によるHUDの試作機。時速40kmのときは40m先、時速80kmのときは80m先といったように、走行速度に合わせてメーターなどの表示の焦点位置を変えることもできる

視点移動しても「使える」ヘッドアップディスプレー [有料会員限定]

 コニカミノルタは、ヘッドアップディスプレー(HUD)上で、車両や歩行者などの位置を示す枠(カーソル)を、運転者の視点が動いてもずれないように表示する技術「3D AR HUD」を開発した。2018~1…続き (3/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月29日付

2017年3月29日付

・レジ係ロボ用ソフト ヴィンクス ペッパーなどPOS連動
・自動運転 ガラスも進化 旭硝子が愛知工場でプレス生産
・鈴茂器工 飲食店向けロボを進化
・ケーヒン HV電子制御部品を増産
・日清オイリオ インドネシアでチョコ生産…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト