日本経済新聞

4月2日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

おでかけナビ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大行列、突然休業… 北欧の「100円ショップ」タイガー騒動の裏側

(1/4ページ)
2012/10/6 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

8月16日から長期の臨時休業を余儀なくされた「タイガー・コペンハーゲン アメリカ村店」
画像の拡大

8月16日から長期の臨時休業を余儀なくされた「タイガー・コペンハーゲン アメリカ村店」

 この夏、大阪ミナミのアメリカ村にオープンした海外の人気雑貨店が、開業ひと月もたたずに突然休業した。

 「“北欧の100円ショップ”日本上陸」などと騒がれ、話題を呼んだデンマークの激安雑貨チェーン「タイガー」だ。7月21日のオープンから4日目で臨時休業し、再オープンしたものの、8月16日から再び休業。9月22日、1カ月余りの長期休業を経て再々オープンした。

■予想以上の客が殺到し、開店4日目に突然の休業

 7月21日、オープンの日。大阪市内は朝から快晴に恵まれ、一番乗りの客は早朝5時45分から開店を待ちわびた。11時の開店時には約400人が並び、その後も列は四ツ橋筋近くの阪神高速高架下まで続いた。混雑を避けて入場制限したため、入店するまでに約2時間、さらに精算に約1時間。この日の午後はにわか雨に見舞われたが、終日行列が絶えなかった。タイガーを運営するゼブラA/Sの日本法人、ゼブラジャパンのクラウス・ファルシグ社長によると「初日の来店客数は1000人以上。平均客単価は約2500円で、売上げは約250万円だった」。

 無事にオープンしたことを見届けたゼブラA/Sのレナート・ライボシツCEOは、翌日「Great success!」と告げ、嬉々としてデンマークに帰国したという。しかし、店舗ではCEOが予想だにしなかった問題が発生していた。

オープン初日から連日行列が絶えなかった
画像の拡大

オープン初日から連日行列が絶えなかった

 翌日の土曜日も開店から大勢の客が殺到。タイガーでは特に宣伝広告やプロモーションを行わなかったため、メディアの報道やSNSなどで初めて知った客も多かった。店舗では4台のレジがフル稼働し、エコバッグなどの売れ筋商品は補充するそばから売れていった。「スタッフ総出で対応したがもともと人数が少なく、補充するのが間に合わなかった」と同社のビジネスコーディネーター、原 紗耶氏は振り返る。

 臨時休業を決断したのは3日目の閉店前。「次の入荷は3日後。それまで売り場が持たない」「いったん休業して一から立て直したほうがいい」。スタッフから上がる情報や意見を聞き、クラウス社長は2日間の臨時休業を決める。ところが、事態はたった2日間では解決できないところまで追い込まれていた。

 7月26日、2階の売り場を閉鎖し、1階のみの営業で再オープン。休業開けで大勢の客が押し寄せることを想定し、時間指定整理券を配布して1日の入店客数を1500人に限定した。しかし、それでも事態は改善されなかった。そしてついに8月15日、2度目の臨時休業を告知。再オープンから27日目の8月16日、再び休業を余儀なくされた。

 タイガー日本1号店に対する顧客の期待が膨らむ一方で、焦燥感に駆られていったタイガーの経営陣とスタッフたち。欧州ですでに約150店舗を展開する企業が、なぜ休業に追い込まれたのか。クラウス社長に直接話を聞いた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

タイガー、ゼブラジャパン、大阪、北欧、クラウス・ファルシグ

首都圏のニューオープン

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

おでかけナビ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

様々な味が楽しめる(手前からハタダの「御栗タルト」、一六本舗の「黒胡麻」「桜」)

別物「タルト」 南蛮生まれ松山育ち

 地方の空港や駅に降り立つと、まず目に付くのが聞き慣れない企業や物産をPRする看板だろう。愛媛・松山の場合は「タルト」の3文字が真っ先に来訪者を出迎える。都会で食べ慣れた洋菓子のタルトとは別物の和洋折…続き (4/1)

場所は芋洗坂を少し下った三叉路で、六本木の吉野家があった場所といえばすぐに分かるだろう

六本木の吉野家跡地に、安土桃山風「24時間カニ酒場」

 浜倉的商店製作所(東京都千代田区)が2015年2月16日、北海道羅臼産のカニをメインにした居酒屋「Crab SAKABA“CARAT” (クラブサカバ カラット)」を東京・六本木にオープンした。その…続き (3/28)

発祥の地とされる旭川市では庶民のソウルフードとして、戦後から親しまれてきた

旭川「新子焼き」黄金の輝き 若鶏半身を食べ尽くす

 「新子焼き」といってピンとくる人は何人いるだろうか。「焼き団子の一つ?」「ふぐの白子を焼いたもの?」など、東京の知人に聞いても首をかしげるばかり。正解は若鶏の手羽を含む骨付きの半身を炭火などで素焼き…続き (3/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について