ソーシャルメディアの歩き方

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

震災報道で一気に進んだマスメディアとネットの融合
ブロガー 藤代 裕之

(1/3ページ)
2013/3/3 7:00
共有
保存
印刷
その他

 東日本大震災からまもなく2年。震災は企業や自治体などに多くの課題や教訓を残したが、マスメディアにとってもソーシャルメディア戦略の大きな転換点だったことが、東海大学の河井孝仁教授と筆者が取り組んだ調査・研究で分かった。動画サイトとテレビの連携、新聞社によるツイッター利用など、マスメディアとソーシャルメディアの融合が一気に進んだからだ。

■中学生が勝手にNHK映像をネット配信

 調査は新聞通信調査会からの委託で行った。河井教授と筆者は2011年8月から12年4月まで計40人にヒアリングしており、他チームの調査・研究と合わせて「大震災・原発とメディアの役割 報道・論調の検証と展望」に収録した。内容は、(1)新聞社やテレビ局のソーシャルメディア担当者ヒアリング、(2)インターネットユーザー調査、(3)新聞社のツイッター発信内容分析、(4)記者インタビュー、(5)自治体の担当者ヒアリングとそれらを踏まえた考察で構成。今年1月10日に刊行された。そこで判明したのは、震災をきっかけに既存のマスメディアとソーシャルメディアの関係が新たなステージに入ったことだった。

 例えばテレビと動画サイトの連携。これのきっかけは、一般の中学生がスマートフォンを使って自宅テレビからのNHK映像を「Ustream(ユーストリーム)」で生中継するという「勝手配信」だった。Ustream側は監視センターによって勝手配信を把握していたが、視聴ユーザーが増加していることを受けてNHK側に連絡して許可を得た。

震災当日のNHK広報局のツイッターアカウント。停電でテレビを見ることができない場合を想定し、NHK映像の「勝手配信」を許した

震災当日のNHK広報局のツイッターアカウント。停電でテレビを見ることができない場合を想定し、NHK映像の「勝手配信」を許した

 ニコニコ動画はニュース専門チャンネル「TBSニュースバード」の映像を再配信していたが、Ustream上での勝手配信が続いているのを知りNHKに問い合わせる。許可が出ていることを知ったニコニコ動画を運営するニワンゴの杉本誠司社長は「にわかには信じられなかった」と衝撃を受け、ニコニコ動画も配信を始めた。

 NHK広報局のツイッターアカウント(@NHK_PR)がUsteamの勝手配信を後押しするツイートを行い、ツイッター上で大きな話題となっていたが、実際には担当者同士で交渉していた。それを可能にしたのは社内勉強会や外部のボランティアプロジェクトで知り合ったといったインフォーマルなネットワークだった。NHKは動画サイト以外にも、グーグルの安否確認システム「パーソンファインダー」をいち早く導入したが、グーグルとの交渉に当たったNHKの担当者も社内勉強会のメンバーだった。

 中学生が開いたテレビとソーシャルメディアの連携は、関係者のゆるやかなつながりを生かして、連鎖的に展開されていくことになる。その結果、都内オフィスで待機し、パソコンはあるがテレビは見えないといったユーザーにも受信を提供することができるようになった。ニコニコ動画のNHK再配信は3月11日から25日までの間に1100万ユーザーが視聴した。

 震災時に積極的にソーシャルメディアとの連携を行ったNHKとTBSはその後も取り組みを進めている。NHKは12年4月からツイッター連動番組「NEWS WEB 24」をスタート。TBSは昨年12月の衆議院選挙でUstreamや「YouTube(ユーチューブ)」に情報提供したほか、TBSラジオはソーシャルメディアで知られる論客を集めた番組「総選挙スペシャル2012」を放送した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ソーシャルメディアの歩き方 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キュレーションサイトの不正問題について記者会見で謝罪する(右から)ディー・エヌ・エーの南場智子会長、守安功社長(7日午後、東京都渋谷区)

プラットフォームを「隠れみの」 DeNA大炎上の本質

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する医療キュレーション(まとめ)サイト「WELQ」に端を発した騒動は、他社が運営するサイトにも波及し、次々と記事削除が行われる底なしの様相を見せている。7日にはD…続き (2016/12/8)

JALが展示したタラップ車

ニコニコ超会議15万人 参加企業に「リアル」の洗礼

 歌やダンス、大相撲、飛行機のタラップ、車のメリーゴーラウンド――。ニコニコ動画を運営するドワンゴは4月25日から2日間、「ニコニコ超会議2015」を幕張メッセ(千葉市)で開催した。押し寄せた来場者は…続き (2015/5/15)

トヨタが運営する「GAZOO(ガズー)」

宣伝か有益な情報か 評価「紙一重」の企業メディア

 IT(情報技術)業界では、せきを切ったように同種の製品やサービスが次々と登場することがある。そんな「バブル」状態となっている最近の注目トピックが「オウンドメディア」だ。企業が独自のメディアを作り、記…続き (2015/5/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月27日付

2017年6月27日付

・金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
・クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
・コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
・三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
・アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト