BPニュースセレクト

ドコモやイーアクセスなど、新周波数帯の利用を希望
割り当てにはソフトバンクによる買収の行方などを考慮か

2012/10/26 23:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 総務省は2012年10月25日、1.7GHz帯の5MHz幅×2(1744.9M~1749.9MHz、1839.9M~1844.9MHz)を新たに移動通信システム用に確保するための調整に向けて、実施していた調査の結果を発表した。

 公表された調査結果によると、イー・アクセス、NTTドコモ、KDDIおよび沖縄セルラー電話の計3団体が利用を希望。トラフィック急増の対策として割り当てを希望し、可能な限り早期の利用を望んでいる。

 新たに確保する予定の1.7GHz帯の5MHz幅×2は、イー・アクセスが保有する周波数帯のすぐ下に隣接する帯域である。このためイー・アクセスは同帯域を使って、10MHz幅×2、さらに15MHz幅×2と、LTEで利用する帯域幅を増やし、2013年中に最大112.5Mビット/秒のサービスを導入したいとする。

 NTTドコモとKDDIは、同帯域の割り当てを受けたとしても5MHz幅×2だけとなるが、LTE-Advanced(3GPP Release 10)で新たに規定された、不連続の帯域でも束ねて広帯域化できるキャリアアグリゲーション技術を使い、他の帯域と同帯域を組み合わせて最大75Mビット/秒以上の高速化サービスを実施したいとしている。なお、この1.7GHz帯は、国際標準化団体の3GPPで「LTE Band 3」として規定されており、iPhone 5がサポートするなど、グローバルバンドとして価値が高まっている。

 同帯域の割り当てに向けた制度整備のスケジュールについて、総務省移動通信課は「考慮しなければならない様々な項目があるため、現時点では見えていない」と回答する。考慮すべき項目の一つは、割り当ての手法についてオークション方式が検討されているが、国会での法案成立の時期が見えていない点だ。

 さらに、NTTドコモとKDDIが希望するキャリアアグリゲーションによる広帯域化について、まだ総務省で技術的条件の検討が終わっておらず、この点も考慮する必要があるという。

 加えて、ソフトバンクによるイー・アクセスの買収が、最終的にどのような形になるのかも今後の競争環境を考慮する上で注視しているようだ。

 なお、1.7GHz帯については、総務省が公表した周波数再編アクションプランにおいて、NTTドコモが保有する東名阪に限定された20MHz幅×2のバンド(1764.9M~1784.9MHz、1859.9M~1879.9MHz)に対して「使用可能地域の拡大について検討する」と記載されている。東名阪バンドのエリア拡大については、今回の調査項目には含まれず、「別の検討事項として、5MHz幅×2の新規確保とは分けて作業を進めている」(移動通信課)という。

(日経コミュニケーション 堀越功)

[ITpro 2012年10月26日掲載]

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

NTTドコモ、イー・アクセス、KDDI、沖縄セルラー電話、iPhone、LTE、ソフトバンク、周波数帯、3GPP

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

独オペル、欧州でクロスオーバー車「Mokka X」出展 [有料会員限定]

 ドイツOpel(オペル)は2016年2月4日、3月に開催される「ジュネーブモーターショー」(一般公開は2016年3月3~13日)に、「Mokka」のクロスオーバーモデル「Mokka X」を出展すると…続き (6:00)

実証実験ではヒト型ロボット「NAO」と腕時計型端末、デジタルサイネージを使う

ロボットが接客、JALとNRIが羽田で実証実験 [有料会員限定]

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は2016年2月8日、ロボットやスマートウオッチ(腕時計型端末)を活用した接客サービスの実証実験を、羽田空港で実施すると発表した。空港職員や自動チェックイ…続き (6:00)

空港における交通量制御の例(資料:NTTデータ)

航空交通量の混雑を予測するソフト 管制機関向け [有料会員限定]

 NTTデータは、航空管制機関がATFM(Air Traffic Flow Management )システムを構築するためのパッケージソフトウエア「airpalette ATFM」を発売した。同社が展…続き (8日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

2/9 1:00更新 テクノロジー 記事ランキング

日経産業新聞 ピックアップ2016年2月9日付

2016年2月9日付

・コイズミ照明、LED照明を個別調光 対応機種1.5倍に
・サクラクレパス、プラズマ機器を色で検査
・クラレトレーディング、6億投じ高機能繊維を増産
・島津製作所、滋賀に新研究棟、フォークリフト向け油圧部品の開発期間短縮
・キーズ、シニア接客のコツ伝授…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト