日本経済新聞

7月31日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

働き方・人間関係

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

医師の平均年収は1477万円、うち12%はアルバイト収入
医師の年収・転職調査2013

(1/3ページ)
2013/9/20 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 日経メディカル オンラインが実施した、「医師の年収・転職調査2013」から、勤務医の平均年収は1477万円と判明した。医師不足という状況を反映してか、自分の給料に満足している医師は意外と増えている。医師の年収・転職に関するアンケートから、こんな結果が見えてきた。

図1 主たる勤務先からの年収に対する満足度
画像の拡大

図1 主たる勤務先からの年収に対する満足度

 今の勤務先の給与に満足しているか? ストレートな質問をぶつけてみたところ、勤務医(840人)の6割が「満足」していた(図1)。

 これは日経メディカルオンラインおよび日経メディカルキャリアが2013年5月に実施した医師の年収についてのアンケート結果[注]。08年から5回にわたって行ってきたアンケートだが、給与について「現状で満足」という回答が半数を超えたのは今回が初めてだ。

■1500万円が満足・不満の分岐点?

 回答した勤務医840人(平均45.6歳)の年収総額は平均(以下同)で1477万円。主たる勤務先からの給与に限ると1293万円。11年の前回調査では年収総額1458万円、主たる勤務先からの年収1274万円だったので、いずれも微増している。

 これまでの調査結果を見ると(図2)、勤務医の平均年収は09年以降、徐々に増加し、内訳を見ると主たる勤務先の給与の伸びが比較的大きくなっている。

 満足度と年収との関係を見てみると、「もらい過ぎ」と回答したわずか10人の年収総額は1945万円。「現状に満足」の477人では1563万円だった。これに対して、「不満」な295人の年収は1355万円、「かなり不満」な58人の年収は1318万円だった(図3)。診療科の違いや勤務の密度など、満足度を左右する要素は色々あるだろうが、1400万~1500万円付近に「満足の壁」がうっすらと見えるようだ。

図2 2008 年以降、5 回の調査結果をまとめた
画像の拡大

図2 2008 年以降、5 回の調査結果をまとめた

図3 勤務医の集計結果。1400万~1500万円付近に“満足の壁” があることがうかがえる
画像の拡大

図3 勤務医の集計結果。1400万~1500万円付近に“満足の壁” があることがうかがえる


  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

平均年収、勤務医、当直


日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

働き方・人間関係 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

外回りの営業を終えて夕方戻ってきて修正済みの図面を見ている布施さん(写真(左)、東京都墨田区の医建エンジニアリング)

働き方変えてみました 全員参加で「残業ゼロ」 [有料会員限定]

 残業するなと言われても、きっちり成果は上げたい。「ノー残業」をうたう企業が増える中で、望む成果との兼ね合いに悩む働き手は少なくない。時間を上手に使い、従来以上の成果を上げるには、仕事の進め方をどう見…続き (7/23)

産後ケアに取り組むマドレボニータの教室にはカップル向けの講座も

離婚も 産後に増える夫婦のすれ違い、ケア大切に [有料会員限定]

 出産で大きな負担がかかる女性たちに寄り添い、支える「産後ケア」への関心が高まってきた。出産後の体の回復はもちろん、子育てや夫婦関係、仕事復帰への不安など心のケアにも気を配る。出産までのケアに比べてこ…続き (7/7)

小型扇風機の売れ行きは好調(ヨドバシカメラマルチメディアAkiba)

職場の「マイ扇風機」 なぜか逆風、広がる禁止 [有料会員限定]

 7月を前に、早くも各地で真夏日を観測。節電の定着で「エアコン28度」が目安となった室温高めの職場では、暑さ対策が欠かせない。ここ数年、注目を集めるのはミニ扇風機。各自が卓上に置き風量を調整できるのが…続き (6/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について