日本経済新聞

11月22日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

働き方・人間関係

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

医師の平均年収は1477万円、うち12%はアルバイト収入
医師の年収・転職調査2013

(1/3ページ)
2013/9/20 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 日経メディカル オンラインが実施した、「医師の年収・転職調査2013」から、勤務医の平均年収は1477万円と判明した。医師不足という状況を反映してか、自分の給料に満足している医師は意外と増えている。医師の年収・転職に関するアンケートから、こんな結果が見えてきた。

図1 主たる勤務先からの年収に対する満足度
画像の拡大

図1 主たる勤務先からの年収に対する満足度

 今の勤務先の給与に満足しているか? ストレートな質問をぶつけてみたところ、勤務医(840人)の6割が「満足」していた(図1)。

 これは日経メディカルオンラインおよび日経メディカルキャリアが2013年5月に実施した医師の年収についてのアンケート結果[注]。08年から5回にわたって行ってきたアンケートだが、給与について「現状で満足」という回答が半数を超えたのは今回が初めてだ。

■1500万円が満足・不満の分岐点?

 回答した勤務医840人(平均45.6歳)の年収総額は平均(以下同)で1477万円。主たる勤務先からの給与に限ると1293万円。11年の前回調査では年収総額1458万円、主たる勤務先からの年収1274万円だったので、いずれも微増している。

 これまでの調査結果を見ると(図2)、勤務医の平均年収は09年以降、徐々に増加し、内訳を見ると主たる勤務先の給与の伸びが比較的大きくなっている。

 満足度と年収との関係を見てみると、「もらい過ぎ」と回答したわずか10人の年収総額は1945万円。「現状に満足」の477人では1563万円だった。これに対して、「不満」な295人の年収は1355万円、「かなり不満」な58人の年収は1318万円だった(図3)。診療科の違いや勤務の密度など、満足度を左右する要素は色々あるだろうが、1400万~1500万円付近に「満足の壁」がうっすらと見えるようだ。

図2 2008 年以降、5 回の調査結果をまとめた
画像の拡大

図2 2008 年以降、5 回の調査結果をまとめた

図3 勤務医の集計結果。1400万~1500万円付近に“満足の壁” があることがうかがえる
画像の拡大

図3 勤務医の集計結果。1400万~1500万円付近に“満足の壁” があることがうかがえる


  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

平均年収、勤務医、当直


日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

働き方・人間関係 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ハートマーク付きの「失恋BOX」に思い出のアルバムや宝飾品などを詰めて買い取り会社に送る若者もいる

「恋愛に無関心」な君 ひょっとして「金縛り系」かも [有料会員限定]

 一見、草食系だが実は「金縛り系」――。そんな若者が少なくないらしい。異性とのコミュニケーションに不慣れで、不器用に傷ついていく結果、徐々に金縛りにあうように恋愛に踏み出せなくなった人のことだ。周りが…続き (11/19)

千葉県浦安市では10月から子育てケアプラン作成を始めた

子育て支援、生まれる前から モデルはフィンランド [有料会員限定]

 安心して出産、育児ができるようにと、妊娠中から継続的に女性の相談に乗る仕組みを整える自治体が出てきた。モデルとなったのは、フィンランドの「ネウボラ」という制度だ。早い段階から悩みをキャッチし、寄り添…続き (11/18)

自宅の庭を手を取り合って散策する谷中登さんと恵子さん(茨城県石岡市)

言葉よりスキンシップ シニア夫婦、再び手をつなぐ [有料会員限定]

 パートナーの手を握るシニア夫婦が増えている。結婚当初の夫婦ならともかく、長い夫婦生活を経た男女が手を握り合ったり、ましてや人前にその姿を見せるのは気恥ずかしいはず。そんな夫婦がお互いの手のぬくもりを…続き (11/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について