日本経済新聞

7月23日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

建設現場に広がるiPad、大量の図面持ち運び不要に

(1/5ページ)
2014/5/13 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 これまでの紙図面や資料に代わり、タブレット端末やタブレットとしても使えるノートパソコン(PC)が施工管理や維持管理の道具として使われ始めた。大量の図面をコンパクトに持ち運ぶ、施工上の問題を即座にメールで報告する、現場の土質を写真判定する、杭の施工時に地中を「見える化」するなど、紙ベースの施工管理にはない高効率な業務の仕組みが実現している。タブレットが変える施工・維持管理の最前線を紹介する。

 スウェーデンに本社を置く世界最大級の建設会社、スカンスカはBIM(ビルデング・インフォメーション・モデリング)の先進的な活用でも有名だ。同社は、フィンランドのヘルシンキで分譲するアパートの施工現場におけるBIMや「iPad」の活用法を動画で公開している。

[左]スカンスカの現場でのiPad活用を紹介する動画
[右]工具箱からiPadを取り出すシーン。耐衝撃性が高いと思われるケースに入っている(写真:いずれもYouTubeより)
画像の拡大

[左]スカンスカの現場でのiPad活用を紹介する動画
[右]工具箱からiPadを取り出すシーン。耐衝撃性が高いと思われるケースに入っている(写真:いずれもYouTubeより)

 筆者が4分弱の動画を見て驚いたのは、測量技師が工具箱からiPadを取り出し、現場の床に無造作に置いて図面をチェックしながら施工状況をチェックしていくシーンだった。

[左]iPadには図面が入っている
[右]iPadを現場の床に置いて部材の設置状況を確認(資料:いずれもYouTubeより)
画像の拡大

[左]iPadには図面が入っている
[右]iPadを現場の床に置いて部材の設置状況を確認(資料:いずれもYouTubeより)

■大量の図面をiPadで持ち運ぶ

傷のあるサッシの写真を撮影し、メールで送信(資料:YouTubeより)
画像の拡大

傷のあるサッシの写真を撮影し、メールで送信(資料:YouTubeより)

 iPadには現場で使う図面が入っている。動画に登場するスカンスカの測量技師、セッポ・ツオミ(Seppo Tuomi)氏は「現場が大規模になっても、かさばる図面の束を持ち歩かなくてもよいので助かる」と語っている。

 現場監督のトミ・ラパライネン(Tommi Lappalainen)氏は、生コンクリート打設の際、iPadに入れた図面上で打設エリアをトレースして床面積をその場で計算する。建物の上の階を施工している時には、iPadに入れたBIMモデルによって地中に埋めた下水管や排水溝などの位置などを参照しているのだ。この現場では、すべての施工管理者と基礎、内装、構造などの現場監督がiPadを使っているという。

 現場事務所ではデスクトップパソコンを使って、BIMモデルを使って干渉部分のチェックやクレーンの可動範囲を確認したり、作業手順、搬入計画などの打ち合わせや説明を行ったりすることで会議時間の短縮を図っている。

 現場の最前線で一つのBIMモデルから作られた様々な図面を参照したり、現場の状況をフィードバックしたりするための道具として、タブレットが使われている――。そんな様子が、この動画からは伝わってくる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

iPad、BIM、スカンスカ、タブレット、ノートパソコン、IHI運搬機械、清水建設

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「いい音」に再び脚光 車でも街でも独創的サービス [有料会員限定]

 エレクトロニクス関連の機器やサービスにおいて、これまでは脇役に甘んじてきた印象の強い「音」。その音に、大きな注目が集まっている。特に再生と集音という2つ領域で、技術やサービスの開発が活発化している。…続き (7/15)

図4 独BMWのEV「BMW i3」に装着したologicタイヤ。特殊な形状と高い空気圧のため、車両メーカーもタイヤハウスやサスペンションをologic用に設計する必要がある。このため既存のクルマに装着するのではなく、新規開発車両での採用を想定している

接地面の可視化で超低燃費タイヤ、転がり抵抗3割減 [有料会員限定]

「ここまで計測できるシステムは世界にも類がない」――。走行時のタイヤ接地面の挙動を計測・可視化するためにブリヂストンが独自開発したシステム、それが「アルティメット アイ」だ。実際に…続き (7/7)

図1 北東から見た外観。菱形を単位とする「地獄組み」をランダムに配置した構造体で、3層の床と屋根を支える。使用したのは、断面60mm角の岐阜県産の東濃ヒノキ。強度の高いE110等級の部材を不燃処理している。垂直に立つ部材は1本もない。写真左側の東面では、地獄組みの格子面もすべて傾いているが、そこから連続する北側の格子面は垂直に立つ

威容誇るパイナップルの家 支えるは伝統の「地獄組み」 [有料会員限定]

 道行く人が不思議そうに見上げていく独創的な木造建築が、東京・南青山に現れた。パイナップルケーキで有名な台湾の菓子メーカー、SunnyHills(サニーヒルズ)が日本で初出店した「SunnyHills…続き (7/4)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年7月23日付

2014年7月23日付

・第2のLINEを狙え
・富士電機、産業プラントを常時監視 クラウド活用で遠隔から
・セレブレクス、液晶制御用の半導体 ディスプレーの消費電力20分の1に
・東京R&D、EV技術で観光電車
・カシオ、スポーツ用腕時計 スマホで計測 データ手元に
…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について