ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

建設現場に広がるiPad、大量の図面持ち運び不要に

(1/5ページ)
2014/5/13 7:00
保存
印刷
その他

 これまでの紙図面や資料に代わり、タブレット端末やタブレットとしても使えるノートパソコン(PC)が施工管理や維持管理の道具として使われ始めた。大量の図面をコンパクトに持ち運ぶ、施工上の問題を即座にメールで報告する、現場の土質を写真判定する、杭の施工時に地中を「見える化」するなど、紙ベースの施工管理にはない高効率な業務の仕組みが実現している。タブレットが変える施工・維持管理の最前線を紹介する。

 スウェーデンに本社を置く世界最大級の建設会社、スカンスカはBIM(ビルデング・インフォメーション・モデリング)の先進的な活用でも有名だ。同社は、フィンランドのヘルシンキで分譲するアパートの施工現場におけるBIMや「iPad」の活用法を動画で公開している。

[左]スカンスカの現場でのiPad活用を紹介する動画
[右]工具箱からiPadを取り出すシーン。耐衝撃性が高いと思われるケースに入っている(写真:いずれもYouTubeより)
画像の拡大

[左]スカンスカの現場でのiPad活用を紹介する動画
[右]工具箱からiPadを取り出すシーン。耐衝撃性が高いと思われるケースに入っている(写真:いずれもYouTubeより)

 筆者が4分弱の動画を見て驚いたのは、測量技師が工具箱からiPadを取り出し、現場の床に無造作に置いて図面をチェックしながら施工状況をチェックしていくシーンだった。

[左]iPadには図面が入っている
[右]iPadを現場の床に置いて部材の設置状況を確認(資料:いずれもYouTubeより)
画像の拡大

[左]iPadには図面が入っている
[右]iPadを現場の床に置いて部材の設置状況を確認(資料:いずれもYouTubeより)

■大量の図面をiPadで持ち運ぶ

傷のあるサッシの写真を撮影し、メールで送信(資料:YouTubeより)
画像の拡大

傷のあるサッシの写真を撮影し、メールで送信(資料:YouTubeより)

 iPadには現場で使う図面が入っている。動画に登場するスカンスカの測量技師、セッポ・ツオミ(Seppo Tuomi)氏は「現場が大規模になっても、かさばる図面の束を持ち歩かなくてもよいので助かる」と語っている。

 現場監督のトミ・ラパライネン(Tommi Lappalainen)氏は、生コンクリート打設の際、iPadに入れた図面上で打設エリアをトレースして床面積をその場で計算する。建物の上の階を施工している時には、iPadに入れたBIMモデルによって地中に埋めた下水管や排水溝などの位置などを参照しているのだ。この現場では、すべての施工管理者と基礎、内装、構造などの現場監督がiPadを使っているという。

 現場事務所ではデスクトップパソコンを使って、BIMモデルを使って干渉部分のチェックやクレーンの可動範囲を確認したり、作業手順、搬入計画などの打ち合わせや説明を行ったりすることで会議時間の短縮を図っている。

 現場の最前線で一つのBIMモデルから作られた様々な図面を参照したり、現場の状況をフィードバックしたりするための道具として、タブレットが使われている――。そんな様子が、この動画からは伝わってくる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真2 補強材は夜間、アーチリブ下面のマンホールから搬入する。永代橋の架設当時は厚い鋼板を製造する技術がなく、薄い鋼板同士を重ね合わせてリベットで接合していた。丸い頭をした無数のリベットが独特の陰影をもたらす(写真:大村拓也)

重要文化財「永代橋」 アーチ内側から補強で長寿命化

 隅田川に架かる「永代橋」。関東大震災からの復興の象徴として、国の重要文化財に指定されている。東京都は橋を半永久的に守り続ける計画だ。幅80cmほどの狭いアーチリブ内で、地震時の座屈を防ぐ補強材の設置…続き (1/20)

図3 丸五ゴム工業が開発する手袋と靴。CNFを使ってゴムを強くできるため、薄肉化で製品を軽くできる。加えて、高強度にすることで長寿命化を図る

おむつ、ゴム、振動板…「夢の新素材」広がる用途 [有料会員限定]

植物由来の新材料である「セルロースナノファイバー(CNF)」の将来的な需要増加を見込み、製紙メーカーが量産設備を整え始めている。日本製紙は2017年4月に宮城県…続き (1/13)

かんきつ類から取り出したCNFの例

クルマでも実用化視野 新材料「CNF」、1兆円市場へ [有料会員限定]

 植物由来の新材料である「セルロースナノファイバー(CNF)」の利用が大きく広がろうとしている。CNFの複合材料(CNF強化樹脂)を造る生産プロセスが大きく進展し、製造コストが大幅に下がりつつある。こ…続き (1/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月20日付

2017年1月20日付

・ソフトバンク系 ドローン動画、検査を素早く
・遺伝子操作で抗体改造 東大が新手法
・自販機+アプリで健康作り サントリー食品
・IBUKI センサー付き金型を開発
・ミスド 300店でアイス販売…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト