ザ・分解

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本未発売のPS4分解 先代機踏襲、中身はシンプルに

(1/5ページ)
2013/12/3 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は新しい据置型ゲーム機「PlayStation(PS) 4」を、北米で2013年11月15日、欧州で同11月29日に発売した。先代機のPS3が発売されてから、約7年ぶりの刷新となる。PS4の日本発売は2014年2月22日となるが、長年、最新のデジタル機器の分解・解析を手掛けてきた「日経エレクトロニクス分解班」は、それを指をくわえて見ているわけにはいかない。早速、北米版のPS4を入手し、分解した。

 PS4の特徴を端的に言えば、新型コントローラー「DUALSHOCK 4」を採用した点や、ソーシャル機能の強化、クラウド型ゲームの配信に対応する点などである(図1)。

図1 PS4の同梱物。コントローラーは新型の「DUALSHOCK 4」
画像の拡大

図1 PS4の同梱物。コントローラーは新型の「DUALSHOCK 4」

図2 PS4の本体。サイズはPS3と大差ない
画像の拡大

図2 PS4の本体。サイズはPS3と大差ない


 DUALSHOCK 4」は、現行の「DUALSHOCK 3」と外観は似ているが、前面にタッチパッドや「SHAREボタン」、上部側面にLED(発光ダイオード)を利用した「ライトバー」を新たに備えている。DUALSHOCK 4では、PS4専用カメラと組み合わせることで、空間の奥行きや3次元位置を検知できる。

 ソーシャル機能に関しては、例えば自分のゲームのプレー動画を、他のユーザーが閲覧できるようにした。録画したゲームのプレー動画を友人と共有できる。クラウド型ゲームの配信については、PS3とPS4向けに米国で2014年に開始する予定だ。

 PS4本体の外形寸法は305×275×53mmと、PS3の290×230×60mmとさほど変わらない(図2)。質量はPS3の約2.1kgに対し、PS4は約2.8kgとやや重くなっている。ただし、5kgだった初代PS3に比べればはるかに軽くなっている。

■ネジを外しても開かない

 PS4の箱には、PS4とDUALSHOCK 4がそれぞれ1個ずつ、そしてケーブル類と説明書類が入っている。ケーブルの中では比較的高価なHDMIケーブルも同梱されている。

 さて、どうやってPS4を開けるか。背面を見ると、シールが貼られる部分が4箇所ある(図3)。このシールをはがすとネジが現れた。このネジは「T8」のドライバーで回せた(図4)。

[左]図3 PS4の背面。中央に2カ所、上下にそれぞれ1カ所ずつ、計4枚のシールが貼ってある
[右]図4 本体背面のネジを外す
画像の拡大

[左]図3 PS4の背面。中央に2カ所、上下にそれぞれ1カ所ずつ、計4枚のシールが貼ってある
[右]図4 本体背面のネジを外す

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ソニー・コンピュータエンタテインメント、PlayStation、分解、PS4

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

ザ・分解 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アップルウオッチは航空機並みの素材やこだわりの部品を使っている

AppleWatch分解 快適操作支える「コスト10倍」部品 [有料会員限定]

 米Apple(アップル)が2015年4月に発売した、いわゆるスマートウオッチと呼ばれる腕時計型端末「Apple Watch」。ここ数年大きな注目を集めているものの、まだ市場が確立していない「ウエアラ…続き (6/23)

Caterpillar B15の外観。筺体は八角形。電源を入れると「Caterpillar」のロゴが表示される

過酷な現場で使える「頑丈スマホ」 内部に見たメリハリ

 スマートフォン(スマホ)は2014年に世界中で約13億台が出荷され、市場は飽和状態に近づきつつある。100米ドル前後の廉価な端末市場も激戦区となっており、スマホの中心価格帯は下落傾向にある。その中で…続き (6/5)

購入時のiPhone 6模造品のパッケージング。箱まで完全に模倣。本体に加えて、USBケーブル、中国用変換プラグ、イヤホンなどが入っていた

本物そっくり「ニセiPhone6」 中身は30ドルスマホ

 「iPhoneを買わないか?」。2014年12月、中国・上海で日経BP社の記者に、男が近寄ってきた。彼が持っていたのは「iPhone 6」。最初は5万円を要求してきたが、手持ちの約2万円で交渉が成立…続き (5/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

7/4 1:00更新 テクノロジー 記事ランキング

日経産業新聞 ピックアップ2015年7月3日付

2015年7月3日付

・サトーHD、見守りサービスに無線タグ活用
・iPS育成、武田の決意 創薬へ「アメフト型」
・ニイタカ、中国で固形燃料を増産、安全性で外食産業などを開拓
・いすゞ、天然ガス車、軽油混ぜ効率燃焼、2018~19年に実用化
・KFC、店舗に近づくとクーポン…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト