スポーツ > ニュース > 記事

スポーツニュース

自転車のアームストロング、全タイトル剥奪

2012/8/25付
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク共同】自転車ロードレースで世界的に活躍したランス・アームストロング(米国)が23日、ドーピング違反を告発した米国反ドーピング機関(USADA)とこれ以上争わないとの声明を出した。これを受けてUSADAは24日、7連覇したツール・ド・フランスを含め、1998年8月1日からの全タイトル剥奪や、自転車競技からの永久追放の処分を同選手に科したと発表した。AP通信が伝えた。

 昨年引退し、今はトライアスロン選手として活動する40歳のアームストロングは声明で無罪を主張している。USADAは6月にアームストロングに対してエリスロポエチン(EPO)など禁止薬物の使用や血液ドーピングを告発していた。

 国際自転車連合(UCI)は24日、USADAの処分が確定するまで、この件についてコメントしないとの声明を発表。ロイター通信によると、世界反ドーピング機関(WADA)のフェイ委員長は同日、「私の理解では、ツール・ド・フランスの7度の優勝を含む全ての記録は抹消される」との見解を示していた。

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ハイライト・スポーツ

[PR]