BPニュースセレクト

重さ約4kgのSHVビデオカメラ、NHKと日立国際電気が開発

2012/5/25付
共有
保存
印刷
その他

図2 アップコンバート処理対応機
画像の拡大

図2 アップコンバート処理対応機

図1 開発品(左)と現行品(右)の比較
画像の拡大

図1 開発品(左)と現行品(右)の比較

 NHK放送技術研究所は、ヘッド部の重さが約4kgと従来に比べて小型化を図った、7680×4320画素の「スーパーハイビジョン」(SHV)相当の映像を撮影できる放送用ビデオカメラを、「技研公開2012」(2012年5月24日~27日)に出展した。レンズを含めてた重さは約5kgとなり、「従来のSHV対応の放送用ビデオカメラに比べて約1/6になった」(同社の説明員)とする。外形サイズは、現行の地上デジタル放送用カメラと同等という。ヘッド部の消費電力は45Wである。

図3 アップコンバート処理の説明パネル
画像の拡大

図3 アップコンバート処理の説明パネル

 日立国際電気と共同で開発した。7680×4320画素を備えた2.5型のCMOSセンサを、1枚のみ使用することで小型化を実現した。従来はCMOSセンサを3~4枚使用しており、RGB3色に分離するプリズムが必要だったため、カメラ・ヘッドの小型化が困難だった。

 撮像素子は、カラー・フィルタとして2×2画素を1組として、RGGBの4画素(2×2)を割り当てるベイヤー配列の構造を採用する。このため、撮影した時点では「SHVの画素数に対して、Gは1/2、RとBは1/4の状態」(NHK放送技術研究所の説明員)という。開発品では、撮影後にアップコンバート処理を施すことでRGBそれぞれでSHV相当の映像を作り出している。

 アップコンバート処理は、撮影した1フレームに対して実施する。まず、画素数が最も多いGに対して、「欠落している画素の縦と横それぞれ6画素ずつの相関関係から画素を補間していく」(NHK放送技術研究所の説明員)という。その後、得られたGの映像から、「RとBの画素を推定していく」(同)とした。

(日経エレクトロニクス 佐伯真也)

[Tech-On! 2012年5月24日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

特殊な発色効果がある専用ホログラム(左)をスマートフォンで撮影(右)することで、光学分析結果と設計情報を照合し真贋判定が可能(写真:凸版印刷のニュースリリースより)

凸版印刷、スマホ撮影で偽造品を判定できるシステム [有料会員限定]

 凸版印刷は2017年5月24日、専用ホログラムをスマートフォンで撮影するだけで真贋判定できる技術を確立したと発表した。商品の工場出荷時にホログラムラベルを貼付することで、流通業者や販売店、消費者など…続き (6:00)

CFRP製のサスペンションばね(左)

7割軽いサスばね ニッパツがCFRPで製造 [有料会員限定]

 ニッパツは炭素繊維強化樹脂(CFRP)を使った乗用車用のサスペンションばねを開発した。一般的な「ばね鋼(SUP材)」で造ったものと比較して、約7割軽くできる。2020年の量産化を目指して自動車メーカ…続き (6:00)

米アマゾン、ニューヨークに書籍販売の実店舗を開設 [有料会員限定]

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)が米ニューヨーク市に新たな書籍販売の実店舗を開設すると、複数の米メディアが現地時間2017年5月24日までに報じた。

 Amazon.comは米国で書籍…続き (25日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

関連媒体サイト