日本経済新聞

7月29日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

車載の居眠り防止装置が普及目前に 標準搭載も視野
デンソーやアイシン、最新試作機を実演

(1/2ページ)
2012/5/25 7:01
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 居眠り防止装置の本格普及を目指す車載機器メーカーの研究開発が進んできた。デンソーは検出アルゴリズムに特徴のある装置を試作し、自動車メーカーと共同での検証を始めた。アイシン精機も、着座センサーなどと組み合わせドライバーの失神なども感知できるシステムを試作している。両社とも、5月23~25日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催中の「人とくるまのテクノロジー展」で試作機を実演展示している。

 自動車に搭載する居眠り防止装置はこれまでも研究され、一部車種に搭載された事例があるものの、コストや検出精度などの問題があり本格普及には至っていない。今回の試作機は1台当たりの価格が数万円まで安くなり、検出精度も向上している。運転手の居眠りが原因とみられる高速ツアーバスの事故などもあり、安全を求める声が高まっていることから、各社は居眠り防止装置の標準搭載も視野に製品化を急ぐ。

■眠気を6段階で判定

 基本的な仕組みは2社ともほぼ共通で、ハンドルの中央に設置したカメラでドライバーを撮影し、顔の特徴点を抽出して顔の向きやまぶたの開き具合を検出。居眠り運転や脇見運転など危険な状態を検出すると警告を発する。

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している
画像の拡大

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している

 デンソーの装置は、顔の向きやまぶたの開き具合に加え、まぶたの動き方のパターンを認識するのが特徴。完全な居眠り状態になる前に、まぶたが閉じかけたり、閉じている時間が長くなったりといった予兆を感知できる。眠気のレベルの判定を6段階と細かくしており、眠気レベルに応じて警告の内容を変えたり、強いレベルの眠気と判断したときは衝突防止装置が作動するタイミングを早めたりといった応用が考えられるという。

 居眠り防止機能のほか、ドライバーが着席した際にハンドルからドライバーまでの距離を判定し、それに合わせてバックミラーの位置を自動調整したり、速度などの情報を表示する前面ディスプレーの文字サイズを拡大・縮小したりすることも可能だ。既に基本的な開発は終えており、自動車メーカーと共同で検証を進めている。早ければ2014年度にも、同装置を搭載した自動車が市販される見込みとする。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

デンソー、アイシン精機、カメラ

【PR】

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

神奈川県警が押収した3Dプリンターで造った殺傷能力のある銃(5月8日午前、横浜・神奈川署)

3Dプリンターで拳銃製造、阻止の鍵握る「未完の技術」 [有料会員限定]

 3D(3次元)プリンターで製造した殺傷能力がある拳銃を2丁所持したとして、大学職員が銃刀法違反(所持)の疑いで2014年5月に逮捕された事件は、記憶に新しい。報道によれば、同職員は海外…続き (7/24)

「いい音」に再び脚光 車でも街でも独創的サービス [有料会員限定]

 エレクトロニクス関連の機器やサービスにおいて、これまでは脇役に甘んじてきた印象の強い「音」。その音に、大きな注目が集まっている。特に再生と集音という2つ領域で、技術やサービスの開発が活発化している。…続き (7/15)

図4 独BMWのEV「BMW i3」に装着したologicタイヤ。特殊な形状と高い空気圧のため、車両メーカーもタイヤハウスやサスペンションをologic用に設計する必要がある。このため既存のクルマに装着するのではなく、新規開発車両での採用を想定している

接地面の可視化で超低燃費タイヤ、転がり抵抗3割減 [有料会員限定]

「ここまで計測できるシステムは世界にも類がない」――。走行時のタイヤ接地面の挙動を計測・可視化するためにブリヂストンが独自開発したシステム、それが「アルティメット アイ」だ。実際に…続き (7/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年7月29日付

2014年7月29日付

・メモリー争奪戦 スマホ・PC向け上昇基調 電子部品予測
・東洋製缶、カビ2倍検出のDNAチップ
・KDDI、複数クラウド認証1つで 専用システムいらず
・東京建物、中小ビルの省エネ助言
・独イグス、樹脂製ケーブル保護管 巻き取り型で省面積に…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について