ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

車載の居眠り防止装置が普及目前に 標準搭載も視野
デンソーやアイシン、最新試作機を実演

(1/2ページ)
2012/5/25 7:01
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 居眠り防止装置の本格普及を目指す車載機器メーカーの研究開発が進んできた。デンソーは検出アルゴリズムに特徴のある装置を試作し、自動車メーカーと共同での検証を始めた。アイシン精機も、着座センサーなどと組み合わせドライバーの失神なども感知できるシステムを試作している。両社とも、5月23~25日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催中の「人とくるまのテクノロジー展」で試作機を実演展示している。

 自動車に搭載する居眠り防止装置はこれまでも研究され、一部車種に搭載された事例があるものの、コストや検出精度などの問題があり本格普及には至っていない。今回の試作機は1台当たりの価格が数万円まで安くなり、検出精度も向上している。運転手の居眠りが原因とみられる高速ツアーバスの事故などもあり、安全を求める声が高まっていることから、各社は居眠り防止装置の標準搭載も視野に製品化を急ぐ。

■眠気を6段階で判定

 基本的な仕組みは2社ともほぼ共通で、ハンドルの中央に設置したカメラでドライバーを撮影し、顔の特徴点を抽出して顔の向きやまぶたの開き具合を検出。居眠り運転や脇見運転など危険な状態を検出すると警告を発する。

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している
画像の拡大

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している

 デンソーの装置は、顔の向きやまぶたの開き具合に加え、まぶたの動き方のパターンを認識するのが特徴。完全な居眠り状態になる前に、まぶたが閉じかけたり、閉じている時間が長くなったりといった予兆を感知できる。眠気のレベルの判定を6段階と細かくしており、眠気レベルに応じて警告の内容を変えたり、強いレベルの眠気と判断したときは衝突防止装置が作動するタイミングを早めたりといった応用が考えられるという。

 居眠り防止機能のほか、ドライバーが着席した際にハンドルからドライバーまでの距離を判定し、それに合わせてバックミラーの位置を自動調整したり、速度などの情報を表示する前面ディスプレーの文字サイズを拡大・縮小したりすることも可能だ。既に基本的な開発は終えており、自動車メーカーと共同で検証を進めている。早ければ2014年度にも、同装置を搭載した自動車が市販される見込みとする。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

デンソー、アイシン精機、カメラ

【PR】

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図3 希薄燃焼すると燃料改質の効果は下がる(ガソリン方式)。(a)茨城大学教授の金野満氏は、空気過剰率(λ)が1.0の理論空燃比で燃焼する場合、排ガスの温度が上がるほどエネルギー収支の増幅度は1を超えて排熱回収効果が高まることを計算で確かめた。一方、空気過剰率が1.6程度の希薄燃焼になると増幅度は1を下回り、排熱回収効果はなくなる。(b)金野氏は現在、燃料改質技術が燃焼に与える影響などを実験で確かめる準備を進めている

燃料改質 課題クリアへ、自動車大手の挑戦 [有料会員限定]

 次世代のエンジン技術として、大手自動車メーカー各社が力を注ぐ「燃料改質」。燃料を改質して別のものに変え、燃えやすくする技術だ。EGR(排ガス再循環)と組み合わせると、エンジンの熱効率、つまり燃費性能…続き (4/22)

18年に実用化も エンジン効率、大幅向上の「切り札」 [有料会員限定]

 次世代のエンジン技術として、大手自動車メーカー各社が力を注ぐ「燃料改質」。燃料を改質して別のものに変え、燃えやすくする技術だ。EGR(排ガス再循環)と組み合わせると、エンジンの熱効率を大きく高められ…続き (4/20)

13年前の実験では、ロケットが地面に近づくとエンジンを噴射して無事に着地した(JAXA提供)

JAXA

スペースXの12年前に垂直着陸 国産ロケットの実力 [映像あり][有料会員限定]

 米国の宇宙ベンチャーがロケットの軟着陸実験に相次いで成功し、再使用できるロケットへの期待が高まっている。ところが日本では、これより12年も前に同じ実験が成功裏に行われていた。飛行した高さこそ低いもの…続き (4/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年5月2日付

2016年5月2日付

・米フォード、自動運転の公道実験を加速、レーザー計測型など30台で
・TDK、買収戦略の次へ かじ取り10年の上釜氏交代
・抗がん剤候補の高分子粒子 東洋大、腫瘍への届きやすさ評価
・鉄鋼大手、厳しい滑り出し
・持田製薬、バイオ後続品の開発拡大…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト