ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

車載の居眠り防止装置が普及目前に 標準搭載も視野
デンソーやアイシン、最新試作機を実演

(1/2ページ)
2012/5/25 7:01
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 居眠り防止装置の本格普及を目指す車載機器メーカーの研究開発が進んできた。デンソーは検出アルゴリズムに特徴のある装置を試作し、自動車メーカーと共同での検証を始めた。アイシン精機も、着座センサーなどと組み合わせドライバーの失神なども感知できるシステムを試作している。両社とも、5月23~25日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催中の「人とくるまのテクノロジー展」で試作機を実演展示している。

 自動車に搭載する居眠り防止装置はこれまでも研究され、一部車種に搭載された事例があるものの、コストや検出精度などの問題があり本格普及には至っていない。今回の試作機は1台当たりの価格が数万円まで安くなり、検出精度も向上している。運転手の居眠りが原因とみられる高速ツアーバスの事故などもあり、安全を求める声が高まっていることから、各社は居眠り防止装置の標準搭載も視野に製品化を急ぐ。

■眠気を6段階で判定

 基本的な仕組みは2社ともほぼ共通で、ハンドルの中央に設置したカメラでドライバーを撮影し、顔の特徴点を抽出して顔の向きやまぶたの開き具合を検出。居眠り運転や脇見運転など危険な状態を検出すると警告を発する。

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している
画像の拡大

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している

 デンソーの装置は、顔の向きやまぶたの開き具合に加え、まぶたの動き方のパターンを認識するのが特徴。完全な居眠り状態になる前に、まぶたが閉じかけたり、閉じている時間が長くなったりといった予兆を感知できる。眠気のレベルの判定を6段階と細かくしており、眠気レベルに応じて警告の内容を変えたり、強いレベルの眠気と判断したときは衝突防止装置が作動するタイミングを早めたりといった応用が考えられるという。

 居眠り防止機能のほか、ドライバーが着席した際にハンドルからドライバーまでの距離を判定し、それに合わせてバックミラーの位置を自動調整したり、速度などの情報を表示する前面ディスプレーの文字サイズを拡大・縮小したりすることも可能だ。既に基本的な開発は終えており、自動車メーカーと共同で検証を進めている。早ければ2014年度にも、同装置を搭載した自動車が市販される見込みとする。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

デンソー、アイシン精機、カメラ

【PR】

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

液浸冷却であるため、大規模な空調設備が不要。サーバーの実装密度が極めて高いため、容積も小さい。さらに、空冷用のファンが不要かつチップが低い温度に保たれるので、部品の寿命が延びて部品交換の手間などが大幅に減る(写真:ExaScaler)

超小型を実現 液体に沈む「データセンター」 [有料会員限定]

 これまでにはない新たな技術を使って超小型データセンターを作る――。富士通が“日本発”の次世代データセンター作りに着手した。同社が構想するのは、プロセッサーやDRAMが載った…続き (8/24)

昆虫は人間が識別しない様々な匂いにも反応する

秘めた昆虫の能力 東大、ロボットの頭脳に生かす [有料会員限定]

 昆虫の触角や脳の機能を解明し、ロボット作りに生かす研究が進んでいる。東京大学先端科学技術研究センターの神崎亮平教授らのグループは特定の匂いに鋭く反応する昆虫の「センサー」機能に着目。ロボットの頭脳と…続き (7/17)

図1 試作した実験車両とワイヤレスインホイールモーター。実験車両は三菱自動車のEV「i-MiEV」をベースとしたもの(a)。ワイヤレスインホイールモーター(b)は、送電側と受電側のコイルの間で「磁界共鳴方式」により非接触で電力を伝送する

モーター内蔵の車輪 無線給電でEVの耐久性アップ [有料会員限定]

 東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授の藤本博志氏らの研究グループは、東洋電機製造や日本精工と共同でワイヤレス電力伝送を用いて駆動するインホイールモーターを世界で初めて開発。電気自動車(EV)を走…続き (7/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2015年8月28日付

2015年8月28日付

・オンキヨー、海外でハイレゾ配信拡大
・旧JT自販機の情報共有、飲料商品開発
・三井造船、船舶エンジンを遠隔監視で保守
・ペガサスミシン、布2枚のズレ 逃さず検知、かがり縫い用装置を開発
・曙ブレーキ、アウディにブレーキ供給、アウトバーンに対応、欧州開拓強化…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト