ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

車載の居眠り防止装置が普及目前に 標準搭載も視野
デンソーやアイシン、最新試作機を実演

(1/2ページ)
2012/5/25 7:01
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 居眠り防止装置の本格普及を目指す車載機器メーカーの研究開発が進んできた。デンソーは検出アルゴリズムに特徴のある装置を試作し、自動車メーカーと共同での検証を始めた。アイシン精機も、着座センサーなどと組み合わせドライバーの失神なども感知できるシステムを試作している。両社とも、5月23~25日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催中の「人とくるまのテクノロジー展」で試作機を実演展示している。

 自動車に搭載する居眠り防止装置はこれまでも研究され、一部車種に搭載された事例があるものの、コストや検出精度などの問題があり本格普及には至っていない。今回の試作機は1台当たりの価格が数万円まで安くなり、検出精度も向上している。運転手の居眠りが原因とみられる高速ツアーバスの事故などもあり、安全を求める声が高まっていることから、各社は居眠り防止装置の標準搭載も視野に製品化を急ぐ。

■眠気を6段階で判定

 基本的な仕組みは2社ともほぼ共通で、ハンドルの中央に設置したカメラでドライバーを撮影し、顔の特徴点を抽出して顔の向きやまぶたの開き具合を検出。居眠り運転や脇見運転など危険な状態を検出すると警告を発する。

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している
画像の拡大

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している

 デンソーの装置は、顔の向きやまぶたの開き具合に加え、まぶたの動き方のパターンを認識するのが特徴。完全な居眠り状態になる前に、まぶたが閉じかけたり、閉じている時間が長くなったりといった予兆を感知できる。眠気のレベルの判定を6段階と細かくしており、眠気レベルに応じて警告の内容を変えたり、強いレベルの眠気と判断したときは衝突防止装置が作動するタイミングを早めたりといった応用が考えられるという。

 居眠り防止機能のほか、ドライバーが着席した際にハンドルからドライバーまでの距離を判定し、それに合わせてバックミラーの位置を自動調整したり、速度などの情報を表示する前面ディスプレーの文字サイズを拡大・縮小したりすることも可能だ。既に基本的な開発は終えており、自動車メーカーと共同で検証を進めている。早ければ2014年度にも、同装置を搭載した自動車が市販される見込みとする。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

デンソー、アイシン精機、カメラ

【PR】

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真2 丸太を打設しているところ。鋼管による先行回転圧入で掘削した穴に、長さ4mの丸太を地下水位以深まで圧入する。4カ月半の工期で設置する丸太の数は約1万4000本に達する。現場では三つの打設チームが並行して作業を進め、1日当たり約180本を打設している

1万本超「丸太」で地盤固め、液状化と温暖化に対抗 [有料会員限定]

 海岸近くに造成中の1万m2(平方メートル)を超える分譲住宅地に、丸太をびっしりと打設する。砂地盤の密度を高めて地震時の液状化を抑えるためだ。CO2(二酸化炭素)を吸収し、固定した丸太を長期間地中に貯…続き (2/10)

図1 スタジアム内観。屋根の最高高さを抑えることでスタジアム内の日射範囲を拡大。さらにスタンドの1階部分を約80cm持ち上げて四方から内部への風通しを良くすることで、芝生の良好な育成環境を整える。2015年10月10日の竣工記念イベントで撮影写真:生田将人)

単価「新国立の2割」 設計のカギは屋根にあり [有料会員限定]

 Jリーグ「ガンバ大阪」の新しいホームスタジアムとなる「吹田スタジアム」(大阪府吹田市)は、建設費140億円の全額が寄付金と助成金で賄われる。コストダウンが大前提となるなか、屋根に複数の役割を持たせる…続き (2/9)

三菱自動車の「eXコンセプト」。45kWhの電池を積むことで、航続距離は400kmになる見込みだ。写真右は、三菱自動車工業 取締役社長兼COOの相川哲郎氏

航続400kmのEV 性能2倍の次世代電池で実現へ [有料会員限定]

 エネルギー密度の大幅向上を目指して開発が活発化している、“ポストLi(リチウム)イオン2次電池”。EV(電気自動車)など電動車両向けに向けた大型品では、エネルギー密度を2倍に高めることが当面の目標に…続き (2/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

2/11 1:00更新 テクノロジー 記事ランキング

日経産業新聞 ピックアップ2016年2月10日付

2016年2月10日付

・共同印刷、1万人の食卓情報提供
・JR東、駅構内に大型クレーン車両
・Looop、耐久性2倍の太陽光パネル
・三井造船、中小型ガス船に参入、岡山に新設備
・トイレ使うと自動で尿検査 サイマックス、双日と ビルで実験、便器にセンサー…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト