ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

車載の居眠り防止装置が普及目前に 標準搭載も視野
デンソーやアイシン、最新試作機を実演

(1/2ページ)
2012/5/25 7:01
共有
保存
印刷
その他

 居眠り防止装置の本格普及を目指す車載機器メーカーの研究開発が進んできた。デンソーは検出アルゴリズムに特徴のある装置を試作し、自動車メーカーと共同での検証を始めた。アイシン精機も、着座センサーなどと組み合わせドライバーの失神なども感知できるシステムを試作している。両社とも、5月23~25日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催中の「人とくるまのテクノロジー展」で試作機を実演展示している。

 自動車に搭載する居眠り防止装置はこれまでも研究され、一部車種に搭載された事例があるものの、コストや検出精度などの問題があり本格普及には至っていない。今回の試作機は1台当たりの価格が数万円まで安くなり、検出精度も向上している。運転手の居眠りが原因とみられる高速ツアーバスの事故などもあり、安全を求める声が高まっていることから、各社は居眠り防止装置の標準搭載も視野に製品化を急ぐ。

■眠気を6段階で判定

 基本的な仕組みは2社ともほぼ共通で、ハンドルの中央に設置したカメラでドライバーを撮影し、顔の特徴点を抽出して顔の向きやまぶたの開き具合を検出。居眠り運転や脇見運転など危険な状態を検出すると警告を発する。

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している
画像の拡大

デンソーの居眠り防止装置。まぶたを閉じている状態を検出しており、目の部分が赤くなっている。左下に眠気のレベルを6段階で表示してあり、この例では「drowsy」(うとうとしている)と判定している

 デンソーの装置は、顔の向きやまぶたの開き具合に加え、まぶたの動き方のパターンを認識するのが特徴。完全な居眠り状態になる前に、まぶたが閉じかけたり、閉じている時間が長くなったりといった予兆を感知できる。眠気のレベルの判定を6段階と細かくしており、眠気レベルに応じて警告の内容を変えたり、強いレベルの眠気と判断したときは衝突防止装置が作動するタイミングを早めたりといった応用が考えられるという。

 居眠り防止機能のほか、ドライバーが着席した際にハンドルからドライバーまでの距離を判定し、それに合わせてバックミラーの位置を自動調整したり、速度などの情報を表示する前面ディスプレーの文字サイズを拡大・縮小したりすることも可能だ。既に基本的な開発は終えており、自動車メーカーと共同で検証を進めている。早ければ2014年度にも、同装置を搭載した自動車が市販される見込みとする。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

デンソーアイシン精機カメラ

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図2 開発した処理装置。空気流によってCFRPの破片をぶつけ合って、樹脂とCFの分離および微細化を行う。現在は年間200トンの処理能力がある

埋め立て廃棄物から有価物へ 炭素繊維プラ、リサイクル [有料会員限定]

 軽量化に向けた素材として、航空機や自動車などさまざまな分野での活用が広がっている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)。その課題の1つが「リサイクル性の向上」だ。「約30%が廃棄されている」(ACA代…続き (6/6)

写真1 南洋理工大学の新校舎ザ・ハイブの外観。蜂の巣のような円筒形が寄り添う8階建ての建物だ。設計は英国のヘザウィック・スタジオが手掛けた(写真:日経アーキテクチュア)

外皮の工夫で酷暑しのぐ シンガポール「省エネ建築」 [有料会員限定]

 熱帯に位置するシンガポールは、「建物の消費エネルギー」が大きい。その量は国のエネルギー消費の4割を占め、国は規制強化などの取り組みに注力する。建築では、独自の空調システムや気候を生かした緑化が目立ち…続き (6/5)

図1 米国ワシントン州のシアトル市で進む州道99号の高速道路工事現場。形状記憶合金はオフランプ橋の2本の橋脚に使われた(写真:米国ワシントン州交通局)

汎用材・鉄への挑戦状、「形状記憶合金」橋脚に採用 [有料会員限定]

 地殻に豊富に存在する鉄は、鉄筋や鋼橋の部材のように様々な用途で使われており、土木構造物になくてはならない材料だ。一方、鉄の弱点を克服し、かつ鉄よりも優位な特性を生かした新素材が登場。構造部材として名…続き (5/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月28日(金)

  • 知らないと蚊帳の外に?正しい広告取引の実現に向けたブロックチェーン活用の意味
  • いま世界で、セキュリティとプライバシーの法制度が大きく変わろうとしている
  • 黒船Spotifyが日本の音楽文化を救う? 田中宗一郎インタビュー

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月28日付

2017年7月28日付

・OKI、光ファイバーセンサー発売へ
・タンクの液体、波打ち抑制 中大、地震や運搬向けの装置
・冷凍能力抑え、3割小型化 前川製作所の自然冷媒冷凍機
・ツガミ、自動旋盤の切削力4割向上
・マツダ、米販売店テコ入れ 半数の300店超を対象に…続き

[PR]

関連媒体サイト