スペシャルリポート

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

延長戦に入った日米TPP交渉 接着剤は「中国問題」
 編集委員 吉田忠則

2014/4/24 15:16
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 交渉はまだ終わってはいなかった。環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる日米協議は24日午前の首脳会談でも決着せず、閣僚級の協議をそのまま続けることになった。両国の深い溝をかろうじてつなぎ留める接着剤は「中国問題」。日本に求められるのは「攻めの農政」への転換だ。

 「大筋合意」か「前進」か――。TPP問題への関心は、安倍晋三首相とオバマ大統領の会談後に発表される共同声明にどんな表現が盛り込まれるかに…

スペシャルリポートをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

関連キーワード

オバマ、フロマン、TPP、安倍晋三、甘利明、接着剤、中国問題

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

TPP交渉大詰め

日米首脳会談

【PR】

【PR】

スペシャルリポート 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イラン核開発に関する最終合意に達した7月14日、ザリフ・イラン外相(右)と話すケリー米国務長官(左)=ロイター

ロイター

イラン核合意つないだ、外相2人の「信頼」
 編集委員 中西俊裕
[有料会員限定]

 イランと米欧など6カ国がイランの核開発を巡る最終合意をまとめ、長年の交渉に決着をつけた。合意で注目できるのは、もっとも深く核開発に疑念を抱いていた米国務長官のケリーが、イラン外相のザリフとタフな交渉…続き (7/29)

名門商社の住商は巨額損失から再起できるか(東京・中央)

「御三家」脱落 巨額損失招いた名門・住商の焦り [有料会員限定]

 住友商事が「御三家」の座から遠のいた。資源バブル崩壊で巨額損失を被り、赤字に転落。業績は、かつて財閥系3社と並び称された三菱商事や三井物産を追いかけるどころではない。住商を追い抜いた伊藤忠商事との差…続き (7/6)

北海道新幹線の走行試験が始まり、営業用のレールを走る(北海道七飯町で)=共同

共同

北海道新幹線に落とし穴 きしむ「安全神話」 [有料会員限定]

 来春の北海道新幹線開業まで1年を切った。「北陸新幹線に続け」とばかり、地元では期待の声が高まる一方で、不安もくすぶる。運行を担う北海道旅客鉄道(JR北海道)で事故やトラブルが相次ぎ、新幹線の「安全神…続き (6/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]