スペシャルリポート

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

延長戦に入った日米TPP交渉 接着剤は「中国問題」
 編集委員 吉田忠則

2014/4/24 15:16
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 交渉はまだ終わってはいなかった。環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる日米協議は24日午前の首脳会談でも決着せず、閣僚級の協議をそのまま続けることになった。両国の深い溝をかろうじてつなぎ留める接着剤は「中国問題」。日本に求められるのは「攻めの農政」への転換だ。

 「大筋合意」か「前進」か――。TPP問題への関心は、安倍晋三首相とオバマ大統領の会談後に発表される共同声明にどんな表現が盛り込まれるかに…

スペシャルリポートをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

電子版トップビジネスリーダートップ

関連キーワード

オバマ、フロマン、TPP、安倍晋三、甘利明、接着剤、中国問題

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中 お申込みは5/16まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

TPP交渉大詰め

日米首脳会談

【PR】

【PR】

スペシャルリポート 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

熊本城が損壊し、下の神社まで崩落した(熊本市中央区)

「がまだすばい!」 記者、揺れ収まらぬ故郷を歩く

 2回の震度7を記録した熊本地震は、今なお震度5クラス以上の余震が続く。熊本市出身の記者は「本震」から2日後の18日に熊本入りした。見慣れた土地や聞き慣れた地名が「被災地」と呼ばれる。いち被災者として…続き (4/25)

「自主独立の精神でやっていく」と強調した飯島社長(2月12日、ナビスコ問題の記者会見)

山崎パン、37年政権 セブンやロッテの轍を踏まぬか [有料会員限定]

 戦後、日本人の「主食」をコメから小麦に切り替える立役者となった企業がある。売上高1兆円の製パン最大手、山崎製パンだ。37年間トップに君臨する飯島延浩社長(74)の異色の経営に、懸案が影を落としている…続き (4/18)

ドライバー好みの音づくり チャレンジあるのみ [映像あり][有料会員限定]

 ものづくり産業が集積する中部地方には楽器が奏でるのとは、ひと味違う「音」にこだわる業種もある。自動車、クル…続き (4/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

5/7 1:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

  1. 1位: 来日は運命 奇跡が次々と起こった[有料会員限定]
  2. 2位: 同性愛者への「差別」認める州法、米で波紋[有料会員限定]
  3. 3位: 潰れそうなあの店が潰れない秘密[有料会員限定]
  4. 4位: ドイツに民族主義の足音 欧州の新たな不安…[有料会員限定]
  5. 5位: 粗野な暴言が、閉塞感をすくい取る[有料会員限定]

リーダーのネタ帳

[PR]