Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新興国発が先進国へ、「逆方向」のイノベーションに注目

(1/3ページ)
2014/4/3 7:00
共有
保存
印刷
その他

 シンプルなテクノロジーで貧困を削減する――。

 このゴールに向けて取り組むNPO(非営利組織)がある。元国連職員の中村俊裕氏が米国で立ち上げたコペルニク(Kopernik)だ。新興国の現地の生活環境を向上する目的で、低価格かつ技術的にはシンプルながらも、工夫やアイデアの詰まった商品を届けるNPOである。

 コペルニクは、新興国のNGO(非政府組織)などの市民団体と、企業や発明家などの開発者、資金を寄付する支援者の3者をインターネットで結び付ける事業を手掛けている。さまざまな国際的な援助が、なかなか発展途上国の末端まで届かない状況は珍しくない。国連の活動でその様子を見た経験から、中村氏は貧困層が生活する地方まで着実に商品を届ける「ラストマイル」の物流が大切と考え、その取り組みに力を注いでいる。その特徴は、ビジネスの手法を取り入れた事業モデルにある。

■貧困レベルに応じて金額設定

 具体的には、インターネットを用いた資金調達サービス「クラウドファンディング」の手法を用いている。市民団体は、コペルニクの審査を経た開発者の商品群の中から活動に必要なものを選ぶ。その後、商品を現地に届けるために必要な資金を募るプロジェクトをコペルニクのWebサイトで立ち上げる。商品を購入し輸送する初期コストをクラウドファンディングによる個人の支援や企業の寄付で賄う仕組みだ。

 商品を届けた後も現地の貧困層に無料で配布するのではなく、貧困レベルに合わせて設定した金額を支払ってもらう。現地の経済的な自立を促す狙いだ。コペルニクのWebサイトには、水を運搬する労働の負荷を低減するドラム型の運搬容器や、汚水をフィルターでろ過して飲料水にするタンクなど、アイデアがあふれるユニークな“商品”が並ぶ。

コペルニクが扱う商品が使われている様子。左は、太陽電池を用いたLEDソーラーライト「d.light」。右は、水を運搬する労働の負荷を軽減する運搬容器「QDrum」(写真:コペルニク)
画像の拡大

コペルニクが扱う商品が使われている様子。左は、太陽電池を用いたLEDソーラーライト「d.light」。右は、水を運搬する労働の負荷を軽減する運搬容器「QDrum」(写真:コペルニク)

 コペルニクのCEOを務める中村氏は、著書『世界を巻き込む。―― 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』(ダイヤモンド社、2014年2月)で、「テクノロジーの価値を理解してもらい、長く大切に使ってもらう仕組みだ」と記している。「いくら貧困層向けの活動であっても、価格を付けることは重要だ。無料で配ると、必要でないという人にも届いてしまう可能性があり、せっかくのライトが有効利用されない恐れがある」(同書より)。

 中村氏の文章中に登場した「ライト」は、太陽電池を用いたLED(発光ダイオード)ソーラーライトだ。電柱や電線がない地域に、コペルニクのプロジェクトがこれを届けて「販売」している。日中8時間の充電で、8時間以上の明かりを供給できるという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ハードディスクは死なず、見えた20年に20テラバイト [有料会員限定]

 HDD(ハードディスク)の大容量化が着実に進んでいる。2017年に記録容量12~14T(テラ)バイトの3.5インチ型の量産が始まり、2020年ごろにも20Tバイトの製品が登場する可能性がある。従来の…続き (8/24)

図3 サーボアンプの自動化ライン2号機。
似たような外観の製造モジュールが3台並んでいるのが分かる。基本構成は同じモジュールだが、制御プログラムを変えることでそれぞれ別の工程を担わせている。組み立ては自動化されており、作業者はワークや部材を投入するだけよい

自動化の実験場兼ショールーム、安川電機の工場戦略 [有料会員限定]

 安川電機の中核製品の1つであるサーボモーターとその制御機器であるサーボアンプ。生産設備などの駆動部に使われるそれら製品の生産のマザー工場として、生産性向上と変種変量生産を追求し続けているのが、同社入…続き (8/23)

テスラが年内に発売する「モデル3」。小型SUV「モデルY」はこのモデル3以上の売れ行きになると期待している=AP

AP

「Model 3以上に売れるEV」 テスラ、小型SUV投入へ [有料会員限定]

 「2019年に小型SUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)「Model Y」を発売する」。2017年6月上旬、米Tesla(テスラ)の最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米シリ…続き (8/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月24日(木)

  • スーパーカーとロボットの技術に、ホンダが目指す「自律走行の未来」を見た
  • FacebookのWatchは、放送事業者の利益を奪うのか?:「動画予算は流動的だ」
  • 大規模データ解析サービス実現のために、Google Cloud Platformが果たす役割

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月24日付

2017年8月24日付

・アルミ合金、耐食性・強度の向上両立 芝浦工大、水蒸気で膜形成
・関電、ダムにたまる竹 パレット原料に
・日本紙パルプ商事、インドで古紙回収・販売
・JX金属、伸銅品を値上げ、IoTで需要増
・創薬VBのアンビシオン、がんの免疫治療 来年から治験へ…続き

[PR]

関連媒体サイト