週末スキルアップ塾

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ハーバードも最重視、失敗との正しい向き合い方

(1/2ページ)
2014/7/12 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 「あなたは失敗から何を学んだのか」──。ハーバードやコロンビアといった米国の名門ビジネススクールは、受験に集まるエリート学生たちに、こう問いかけるという。リーダー候補生の資質を測るポイントが「失敗」なのだ。失敗を恐れる人は、チャレンジできない。エリートが真のリーダーになるために必要なのは、失敗と誠実に向き合い、失敗を乗り越える力だ。

 米国の名門ビジネススクールを受験すると、面接やエッセーで、必…

関連キーワード

MBA、ビジネススクール、ハーバード大学、コロンビア大学

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

週末スキルアップ塾 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ピーター・バラカンの「ここが残念、日本人のマナー」 [有料会員限定]

 「日本人はマナーが良い」という国内外の定評に異議を唱えるのは、かつて「CBSドキュメント」(TBS系列)のキャスターを務めたラジオDJのピーター・バラカンさん。母国・英国から日本に移り住んで40年以…続き (7/4)

一瞬で心をつかむ、提案書・企画書の「見出し」の書き方 [有料会員限定]

 企画書や提案書が通るかどうかは、「見出し」にかかっている。博報堂時代から、企画書の見出しでクライアントの心をつかんできた高橋宣行さんに、一瞬で相手の興味を引く…続き (6/13)

商談の「困った事態」を乗り切る正しいテクニック [有料会員限定]

 仕事を円滑に進めるために必須の「ビジネスマナー」。しかし、「この場面ではこう振る舞うべきだ、といった“形”にとらわれすぎると、相手を思いやるという『本来最優先にすべきこと』がおろそかになりやすい」と…続き (6/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]