日本経済新聞

7月31日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

iPhone6は「薄く、丸く」 中国製模型を検証

(1/2ページ)
2014/6/30 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

日経デザイン

 「表面の加工処理などの出来はよくないが、おおまかな形状は間違っていないようだ」。米アップルのモノ作りに関わるある人物が、日経デザイン誌が入手した次期iPhoneとされるモックアップ(製品デザインを検討する際などに使う模型)を見た時の第一声である。このモックアップは、iPhoneの修理部品を扱う中国の通販サイトから手に入れた。本記事では、アップルのモノ作りに関わる人物や、製造委託先などを通じてアップルのデザイン情報を持つ競合メーカーのデザイナーなどとともに、iPhoneのデザインの方向性を探る。

iPhone 6のモックアップ(左)とiPhone 5s。画面サイズが4.7インチのモデルと思われ、ボディーサイズは高さ137.5mm、幅67ミリ
画像の拡大

iPhone 6のモックアップ(左)とiPhone 5s。画面サイズが4.7インチのモデルと思われ、ボディーサイズは高さ137.5mm、幅67ミリ

 多少の出来の悪さは覚悟の上で購入した、次期iPhone(通称「iPhone 6」)の中国製モックアップ。アルミニウム合金を陽極酸化処理した表面は、粗くざら付いていた。本体側面のボタン周りの穴はバリ(切削などの加工後にできる不要な出っ張り)の跡が見え、アップル製品に特徴的な丁寧な研磨の跡が全く見えない。ボタンと穴との間隔もすき間だらけだった。

 また、本来ならガラスパネルであるはずのディスプレー部は歪んだ透明の樹脂。それをアルミ製ボディーにはめ込む白い樹脂製のフレームが、分厚くはみ出したようにディスプレー部を取り囲んでいる。おそらく本物の図面をもとに、外装部品の製造ノウハウのない工場が作ったのだろう。

■ディスプレーに曲面ガラスを採用

 このように、今回入手したiPhone 6のモックアップの完成度はけっして高くはない。それでも、冒頭のモノ作りに関与する人物や競合メーカーのデザイナーの意見を総合すると、実際のiPhone 6でも大まかなデザインはこの通りになる可能性が高そうだ。

 このモックアップと現行の「iPhone 5s」とを比較して、最初に違いが分かるのが本体側面の角につける丸みの処理だ。iPhone 5sのように板状の側面の両角を45度に削ってダイヤモンドカットを施すのではなく、携帯音楽プレーヤーの「iPod touch」を思わせる丸みを帯びた処理に変更されている。

ボディーサイズの関係からか、本体上にあった電源ボタンが右側に付いた。厚みはおよそ7mmと、iPhone 5sと比較して0.6mmほど薄い
画像の拡大

ボディーサイズの関係からか、本体上にあった電源ボタンが右側に付いた。厚みはおよそ7mmと、iPhone 5sと比較して0.6mmほど薄い

 金属の持つ輝きを強調して製品の高級感を高め、時計を思わせる精巧なデザインだったiPhone 5sに対し、iPhone 6は手にしっとりとフィットする形状になる。もともと同社のデザインチームは、丸みを帯びたステンレス製の第4世代iPod touchを特に好んでいたと言われている。そうした柔らかいデザインを、アルミ製ボディーで実現しようと考えたのが、今回のiPhone 6のデザインのようだ。

 このデザインの魅力を高めるときにカギとなるのが、ディスプレー側のデザイン処理だろう。モックアップでも若干ディスプレーのパネルが丸みを帯びているのが分かるが、アップルは曲面ガラスを採用する可能性が高い。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

iPhone、アップル、iPod touch、アルミニウム合金、曲面ガラス

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロボット「ペッパー」を発表するソフトバンクの孫社長(6月、千葉県浦安市)

「始まりはクレージーな考え方」「すぐ行動に移そう」

 ベンチャーキャピタルのB Dash Ventures(東京・港)が17~18日に開いたイベントで対談した久多良木健氏と孫泰蔵氏。話題は孫氏の実兄であるソフトバンクの孫正義社長が力を入れるロボット、久…続き (7/30)

久多良木健氏(右)と孫泰蔵氏がネットや起業について対談した

「ネットは妄想実現システムだ」「スマホの成功体験捨てる」

 ベンチャーキャピタルのB Dash Ventures(東京・港)が17~18日に福岡市で開いたイベントで、「プレイステーション(PS)の父」として知られる久多良木健氏と、オンラインゲーム大手、ガンホ…続き (7/29)

[左]図2 FOMMコンセプトOne。全長2495×全幅1295×全高1550mm。欧州の超小型車規格「L7」準拠を目指している。全幅と全長は軽自動車の3分の2程度である。東南アジアの狭い道路事情を考慮してスライドドアを採用。車両質量は460kgと軽く、1回のフル充電で約100km走る
[右]図3 運転席の周辺。ステアリングはバイクと同じように両手で操作する。KYB製のEPS(電動パワーステアリング)でアシストしている。フットペダルはない。ハンドルの前に蓄熱式簡易クーラーの吹き出し口が見える。これは乗車前に充電ケーブルからの電力で断熱容器の中の冷媒を冷やしておき、走行中に冷風を出す装置。エアコンを使わないのでバッテリーを節約できる

水上走行できる超小型EV 低価格で新興国攻略へ [有料会員限定]

 小型電気自動車(EV)の企画・開発などをするFOMM(神奈川県川崎市)は2014年2月、東南アジアなどの新興国市場に向けた超小型EVのコンセプト車「FOMMコンセプトOne」を発表した。今後、この企…続き (7/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年7月31日付

2014年7月31日付

・「ファスト農業」に商機 作物1カ月で収穫も 育苗大手が支援
・パナソニックの監視カメラ 暗闇でも鮮明に撮影
・大日印、新手法で事業創出支援 疑似体験を活用
・日産、米オレゴン州でEV商用車の実証実験
・神鋼、舵用部品6割強く 大型船向け 合金改良で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について