BPニュースセレクト

BRTで仮復旧の気仙沼線、JR東日本が整備に着手

2012/5/23 9:30
共有
保存
印刷
その他

 JR東日本は2012年5月21日、東日本大震災で被災したJR気仙沼線をBRT(バス高速輸送システム)で仮復旧するための工事を開始した。BRTによる仮復旧の対象となる区間は気仙沼-柳津間の55.3kmだ。このうち気仙沼-本吉間の21.3kmの工事を先行して進める。2012年内の一部供用を目指して、まずは同区間内の最知-陸前階上間(約2.1km)の整備に着手した。

 JR東日本と宮城県気仙沼市などは、5月7日に開催したJR気仙沼線復興調整会議(座長:岸谷克己国土交通省東北運輸局鉄道部長)の第5回会合でBRTによる仮復旧に合意した。計画では、約6割が専用道、約4割が一般道を走行する。BRTの専用道は、鉄道軌道を撤去して整備。運行ダイヤなどは未定だ。

JR気仙沼線の仮復旧に採用が決まったBRTのイメージ図。鉄道との乗り継ぎの様子(資料:JR東日本)
画像の拡大

JR気仙沼線の仮復旧に採用が決まったBRTのイメージ図。鉄道との乗り継ぎの様子(資料:JR東日本)

専用道を走行するバスのイメージ(資料:JR東日本)
画像の拡大

専用道を走行するバスのイメージ(資料:JR東日本)


■定員は70人で20~30分おきに運行

バスの定員は約70人を想定している(資料:JR東日本)
画像の拡大

バスの定員は約70人を想定している(資料:JR東日本)

 JR東日本が気仙沼市に示した資料によると、バスの運転間隔は20~30分おきで、運賃は鉄道と同程度とする。車両は幅2.5m、全長11~12m、高さ約3mの大型バスで、定員は約70人を想定している。地元との調整を経て9駅以上を設ける。

 JR気仙沼線の復旧をめぐっては、宮城県の登米市と南三陸町がBRTでの仮復旧に賛成する一方、鉄道での本格復旧の確約を求める気仙沼市が合意を拒んできた経緯がある。同市はJR東日本と協議を進めるなかで、本格復旧をバスではなく鉄道とする意思が確認できたとし、BRTでの仮復旧に合意した。復旧費用についてはJR東日本が単独で捻出するのが難しいことから、同市は国に対して支援を要望する方針を示している。

(日経コンストラクション 木村駿)

[ケンプラッツ2012年5月22日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

JR東日本BRT東日本大震災JR気仙沼線

日経BPの関連記事

BPニュースセレクト 一覧

国土交通省筑後川河川事務所は7月19日に福岡県朝倉市内の赤谷川で県に代わって緊急対策工事に着手した(写真:国土交通省筑後川河川事務所)

九州豪雨で国が初の権限代行、流木など除去

 国土交通省は、九州北部を襲った記録的な豪雨で河川に大量の土砂や流木が押し寄せたことを受け、2017年6月に施行された改正河川法に基づく権限代行制度を初めて適用し、河川を管理する福岡県に代わって土砂な…続き (22日 6:00)

医療従事者用チャットサービスを遠隔診療に活用

厚労省新通知への対応をうたう遠隔診療サービスが登場

 シェアメディカル(東京都千代田区)は2017年7月19日、医療従事者用チャットサービス「メディライン」を遠隔診療にも利用できるようにしたと発表した。厚生労働省が2017年7月14日付で発出した遠隔診…続き (22日 6:00)

NTT東西がシステム仕様統一へ 基幹系も対象

 NTT東西地域会社が基幹系システムの刷新を見据え、システムの仕様統一に向けた協議を開始したことが2017年7月21日に明らかになった。光回線の加入者管理やサービス管理、線路設備管理などを含むシステム…続き (21日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月24日付

2017年7月24日付

・セーフィー、小型監視カメラ 暗闇もくっきり
・早大、食物アレルゲンすぐ検出 半導体素子で電流の変化測る
・住友化学、二酸化炭素(CO2)分離膜を事業化 まず化学工場に導入
・ジャパンマリンユナイテッド、造船所ごとに役割明確に 船種を分担
・EPAで資格得たインドネシア人、医療・介護施設を紹介 人材紹介のアプリ…続き

関連媒体サイト