ゲーム読解

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

任天堂、入念なリスク対策で臨む「3DS」発売日
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/2ページ)
2011/2/23 7:00
共有
保存
印刷
その他

任天堂がイベント「任天堂カンファレンス2010」で公開した「ニンテンドー3DS」
画像の拡大

任天堂がイベント「任天堂カンファレンス2010」で公開した「ニンテンドー3DS」

 任天堂の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の発売日である2月26日が迫ってきた。国内では3月末までに150万台の出荷を予定しているが、発売当日は40万台程度にとどまる。その後、毎週20万台程度のペースで出荷される見込みだが、当面は品薄状態が続くとみられる。注目されるのは、初期ユーザーの購入が一巡した後、その勢いがどの程度まで続くかだ。

 現時点で3DSの売れ行きを見通しにくいのは、いくつか理由がある。(1)希望小売価格が2万5000円と同社のゲーム機としては高額、(2)過去のデータでは目玉機能の3D(立体視)映像にどれだけニーズがあるか予測しにくい、(3)3D映像はテレビCMなどで表現できずメディアで訴求しにくい、(4)「すれちがい通信」といったソーシャル機能を強化しているが、浸透には時間がかかる――などだ。

 それ以上に大きいのは、裸眼立体視による3D映像の体調などへの影響である。発売直後は数十万人のユーザーが3Dゲームで長い時間遊ぶはずで、何かトラブルが起きれば商品イメージに大きく響きかねない。

■6歳以下の子どもは2D表示に

 任天堂は3DS発売に向けて、その点にかなり注意を払ってきた。2010年6月の米ゲーム展示会「E3」で3DSをプロモーションした際は、「飛び出す」映像を強調していたが、実際に発売するゲームソフトの大半は奥行き感を強調する3D映像となった。飛び出す映像はインパクトは強いが、目を疲労させる傾向があることがわかっているためだ。

 昨年12月28日には公式サイトを通じて、「ニンテンドー3DSの3D映像(立体視)についてお伝えしたいこと」と題する注意喚起情報を発信した。これは今年1月から開催している体験イベントに備えたもので、「3D映像の見え方には個人差がある」「体調が悪いときや気分が悪くなったときは使用を中止する」「6歳以下の子どもは長時間3D映像を見続けると目の成長に悪い影響を与える可能性があり、(体験イベントは)2D表示とする」の3点を主に説明している。3D映像の問題点が指摘される前に、先手を打った格好だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

3DS3D映像ペアレンタルコントロール

関連記事

【PR】

ゲーム読解 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ミューズ」に連動して動作しているアプリについて説明する創業者のトレバー・コールマン氏。赤いバーがα波、青いバーがβ波

クラウド・脳波利用…VBで育つ次世代技術
カナダのゲーム産業(下)
[有料会員限定]

 トロントのあるオンタリオ州とバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は、前回の連載で紹介したケベック州ほどゲーム会社に対する強力な優遇税制を持っていない。注目されるのはこの2州に関わる投資公社だ…続き (2013/3/22)

アイドスモントリオールの様子

優遇税制・関連企業…地の利生かし集積続く
カナダのゲーム産業(上)
[有料会員限定]

 国を挙げてゲーム産業や関連するIT産業の育成に取り組み、世界中で最も成功しているのはカナダだろう。カナダ全土で348のゲーム開発会社が存在し、1万6000人以上の雇用が生みだされている。米国、日本に…続き (2013/3/20)

「パズル&ドラゴンズ」公式ページ

ガンホー「パズドラ」、大ヒットさせた絶妙な仕掛け [有料会員限定]

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントの勢いが止まらない。スマートフォン(スマホ)向けソーシャルパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の大ヒットが同社に驚くほどの収益をもたらしているためだ…続き (2013/3/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月27日付

2017年3月27日付

・LG、日本の研究所統合 ロボなど強化
・海底3D地図 速く広く作成 三井造船など開発
・設備保守の東京電設サービス、東電系以外で売上高4割
・富士重、「アイサイト」新興国にも投入
・パソナ、自分磨き プロが指導…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト