日本経済新聞

12月21日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

公開、非公開、秘密の「グループ」で自在に交流 最新フェイスブック教室(3)

(1/4ページ)
2012/3/24 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 登録ユーザーなら誰でも自由に作成できる「Facebook(フェイスブック)」のグループ機能は、コミュニティとしても利用されており、Facebook上には共通の趣味や関心を持つユーザーの「グループ」が数多く存在する。「公開グループ」「非公開グループ」「秘密のグループ」の3タイプがあり、このうち「公開グループ」には誰でも自由に参加できるので、楽しそうな「グループ」を見つけたら参加してみよう。パソコンのブラウザーから閲覧する場合と比べると機能に制約があるが、「グループ」はスマートフォンのブラウザー経由(m.facebook.com)やアプリ経由でも利用できる。

 Facebookの「グループ」は、「メンバー」同士で交流するために作る、Facebookの中のコミュニティ機能だ。Facebook上にはさまざまなテーマの「グループ」があり、ユーザー同士の交流や情報交換が行われている。

■グループメンバーになって交流を深めよう

 前回(本連載の第2回)詳しく解説した「ニュースフィード」画面によく似た、各「グループ」のメイン画面は、参加した「メンバー」のみがメッセージや写真、動画、ドキュメントを投稿できる仕組みで、「いいね!」をしたり、「コメント」を付けたりできる。また、「クエスチョン」と呼ぶアンケート機能(質問と回答の選択肢を作り、「メンバー」に選んでもらう機能。経過は棒グラフで表示)も使える(なお、同機能はニュースフィード上でも任意の人に対して利用可能)。

図1 「グループ」を探して参加申請する  上部の検索ボックスでキーワードを入力する。虫眼鏡アイコンをクリックし、検索結果の左枠内で「グループ」をクリックして絞り込むと、公開・非公開の「グループ」が一覧表示される。「参加申請する」をクリックし、管理人に承認されると「メンバー」になれる。

図1 「グループ」を探して参加申請する  上部の検索ボックスでキーワードを入力する。虫眼鏡アイコンをクリックし、検索結果の左枠内で「グループ」をクリックして絞り込むと、公開・非公開の「グループ」が一覧表示される。「参加申請する」をクリックし、管理人に承認されると「メンバー」になれる。

 Facebookユーザーなら誰でも投稿内容を閲覧できる「公開グループ」と参加ユーザーしか投稿内容を閲覧できない「非公開グループ」、参加ユーザーしか存在も分からない「秘密のグループ」がある。「秘密のグループ」以外は上部の検索ボックスから検索でき、検索結果から参加申請を送ることができる。参加メンバーが直接参加させる方法を採っている「グループ」もあるが、その場合は通知が届く。

図2 「グループ」の「メンバー」になると…  「グループ」のメイン画面は「ニュースフィード」に近い。「メンバー」になると非公開グループも閲覧できるようになり、投稿や「いいね!」「コメント」ができるようになる。また、「友達」を「メンバー」に追加することもできる。

図2 「グループ」の「メンバー」になると…  「グループ」のメイン画面は「ニュースフィード」に近い。「メンバー」になると非公開グループも閲覧できるようになり、投稿や「いいね!」「コメント」ができるようになる。また、「友達」を「メンバー」に追加することもできる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

Facebook、グループ、パソコン、スマートフォン、アプリ、チャット

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年12月19日付

2014年12月19日付

・部品の巨人 「頭脳」も握る 世界NO.1企業 ボッシュの研究
・電子回路、紙やフィルムに コムラテックが印刷装置
・ユニプレス、米ホンダ向け部品生産集約
・岩崎電気、投光器そのままLED化 器具交換不要なランプ
・トーセイ・リート投資法人、運用資産3年後に1000億円に 中規模不動産を取得…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について