低温世代の経済学

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ヒルズ族よりノマド族(若者、地方へ) 低温世代の経済学パート4(1)

(4/5ページ)
2012/3/27 7:00
共有
保存
印刷
その他

 池田秀紀さん(31)と菜衣子さん(28)は11年夏、住み慣れた東京を離れ、夫婦で熊本市に引っ越した。「以前から『別に東京に執着する必要なんてないね』って、2人で話し合ってたんです」

池田夫妻が住み始めた歴史ある城下町の町家(熊本市内)
画像の拡大

池田夫妻が住み始めた歴史ある城下町の町家(熊本市内)

 秀紀さんの仕事はウェブ制作、菜衣子さんはカメラマン。「ネットさえあれば、仕事はできます」(秀紀さん)。10年に結婚した当初から「1~2年たったら、東京以外で生活したい」と思っていたという。

 秀紀さんは生まれてからずっと首都圏。札幌生まれの菜衣子さんも小学3年生から神奈川で育った。満員電車に揺られるたびに「みんな首都圏に集まる必要なんてない」(菜衣子さん)と感じていたという。夫婦で全国を旅するうち、熊本で城下町の一角にある築100年の町家に出会った。

 ただ池田夫妻のようなクリエーターでも、情報や仕事は大都市に集まる。熊本に拠点を移して支障はないのだろうか。

 2人に聞くと、やはり熊本に移っても、仕事で東京に出向く機会が多いという。特に菜衣子さんは仕事で月1~2回は東京に滞在する。ただ自宅から熊本空港まではバス1本。飛行機で1時間ほどで羽田空港に着く。家賃や生活環境を考えると、不便さもコストもあまり気にならない。

町家を暮らしやすいように改築してウェブで発信する取り組みも始めた。
【facebook】
http://www.facebook.com/heymeoto
画像の拡大

町家を暮らしやすいように改築してウェブで発信する取り組みも始めた。
【facebook】
http://www.facebook.com/heymeoto

■地方暮らしのモデルケースに

 「カメラの機材がすぐに手に入る」(菜衣子さん)など、離れてみて東京の良さを再認識することもある。それでも2人は「東京に戻る必要はないし、必要な時に東京に行けばいい話」。ここには歴史の織りなすインスピレーションがある。町家を現代に合わせて改築する取り組みも始めた。「東京以外で暮らすモデルケースになりたい」。2人は今、地方での仕事や生活に夢中だ。

 話を聞いた20~30代の若者たちは、もはや都会に憧れを抱かない。彼らの暮らしを見て聞いて分かったことがある。「東京でなければできない」なんてことは意外に多くないかもしれない。

(宮坂正太郎)

 低温世代 就職氷河期の洗礼を受け、やっとのことで会社に入っても賃金は上がらず、好況といった浮かれた状況は知らないまま社会人として生活している世代。いくら働いても給料は上がらないので転職して給料を増やしたいという気持ちもあるし、やりたいと思う仕事もあるのだが、やっとの思いで入れた会社だから、失敗したらと思うと思い切って挑戦することもできず、そのまま現在の会社に残っている。
※「現代用語の基礎知識」(自由国民社)より抜粋

「低温世代の経済学」では、登録会員の読者の皆様からのご意見、ご感想を募集しております。
こちらの投稿フォームからご意見をお寄せください。

読者からのコメント
40歳代男性
なかなか考えさせられる記事です。価値観は人それぞれなので、都会なのか古里なのかは自由であるし、個人にとって正解は無いと思います。ただ、記事最後のクダリが気になりました。個人にとっては合理的選択だが、日本全体にとってはどうなのか?若者が古里にて生活、仕事をすることは地方の活性化には良いと思いますが、日本全体にとっては、よく考えないとならないような。今後も日本の産業は国内だけの自給自足だけでは成り立っていかない。海外展開が不可欠であり、優秀な若者が都心の海外に強い大企業を敬遠してしまったら?と懸念します。どうも、内向きに感じてしまうのです。地方であろうが、都会であろうが、世界で活躍することもうまくやらないと。例えば、大企業は、地方で働く優秀な若手とのネットワークを構築し、その才能を世界で活用できるようにしなければならないと思います。
船乗りさん、40歳代男性
ようやくトーキョーの新聞社もこういうことに気付いたみたいですね。小生北海道ですが、就職したてのころの80年代は、東京の大学とか会社に入ったというと「すごいね~」「えらいね」と言われたものですが、ここ10年くらいは「たいへんだね~」「こっちに帰ってこれないの?」とか言われます。ちなみに仕事は外航船の機関長です。トーキョーの本社勤務もあるのですが、単身赴任ですね。家族は「絶対行かない」というもので・・・確かに住んでていいところでははありませんね。
40歳代女性
高度成長期に祖父世代が築いた地方のインフラに対して、父世代は利益誘導型政治の遺物だ、無駄そのものだった、愚痴をこぼすことが多い。ところが孫世代は、ちゃっかり「便利なものなら使わせてもらおう」とビジネスモデルをひねりだす。投下した資源の有効活用として考えれば、とても正しく有難いことだし、若者らしい柔軟さ、風を読む嗅覚に面白さを感じた。多くの米国企業は日本の基準から言えば田舎にある。地方は地価が安く、製品や在庫にかかる費用が安い。日本は国土が狭いというが、人の住んでいないところが殆どだ。集中して住むがゆえの地価の高さが、生活を、生産を圧迫している。何もない山中を走り抜ける素晴らしい高速道路に怒りを覚えているばかりでなく、その道路に沿って、生産と消費の小基地が自然と共生しながら点在していく、そんな日本列島のあり方を歓迎するのも悪くないのではないのだろうか。
トモちゃんパパさん、40歳代男性
私は人口6万人強の町と、東京近郊のそれぞれで会社を経営しています。そこでわかるのは地方と言っても限度があるということ。特に人材という面では地方は大変厳しいです。地方は人間的な繋がりが非常に強いので、良い面もありますが、一方で全員が縁故入社のようなモノです。また、子供の教育についての環境は非常に厳しく、特に勉学については大変なハンディキャップを抱えることになります。そういった、多角的な面からの検討をしなければ刹那的な判断になりかねません。私は、特に本部機能については首都圏を離れるべきではないと思います。
海外在住さん、40歳代男性
10年以上前から不思議に思ってたのが、なぜ日本人の東京志向が変わらないのかということ。海外売上の比重が急激に高くなっている今、東京に本社を置くメリットは低い。成田空港や関西空港、地方の拠点空港の近くに本社を置いた方が余程効率的。そこから世界にマーケットを求めればいいだけの話。結局、無能企業経営者が寄り添ってお互いの傷を舐めあっている内向き志向としか映らない。若者の考え方の方が先を行っており、そこに日本再生の息吹を感じる。
rurbanさん、30歳代男性
ネット販売支援で起業し10年目です、興味深く読ませていただきました。コストだけを考えると都内まで電車で片道1~2時間程度の郊外もいいですよ。都内で食事しても都内勤務の人と一緒に電車で帰れます。 住居は中古なら買っても借りても記事に取り上げられていた地方都市とそれほど変わりません。月に一度海外に行きますが国際空港に近くLCC含め航空会社も選び放題、ゴルフが趣味なら車で10分、会員権もバブル期比なんと2ケタ安~です。 激安スーパーやモールも林立し、食品や生活用品は日本に居ながら東南アジア並みで都内通勤さえなければ郊外生活も穴場です。
ICHIさん、50歳代男性
かれこれ30年程、幾つかの会社で電子機器制御関係のソフトウェア開発をしてきて、3分の2程が地方での仕事(生活)だった。若い時期はさすがにITの恩恵にあずかれなかったので会社・装置がある都会での仕事が多かったが、後半は地方にいても何の不利も感じなかった。極端な時には、アメリカの会社にあるシステムをリモートで使いながらデバッグを進めることも出来た(当然相手方は夜中で無人)のだから、いわゆるIT産業に限らず、都会に集中して暮らしながら仕事をするメリットは果たして何なのだろうか?「ヒルズ族」「ノマド族」というようなマスコミ好みの単純な言い回しで括られると違和感を持つ人も多かろうが、現実的に複雑な社会生活の効率・経済性を考えると、都会に集まっての仕事というのは、業種にも依存するとは思うが、意外と既に破綻をきたしているのかもしれない。
20歳代男性
この記事を読んでノマド族を目指そうと正直思えなかった。ノマド族にはヒルズ族にあるような「一発大逆転の大成功を夢見た若者たちが、東京で起業し大成功をする」というようなジャパンドリームがまるで感じられないからだ。田舎や地方が好きな人が地方に行ってビジネスを始めてもいいとは思うが、若者のあこがれの対象にはなりえない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

低温世代の経済学 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

低温世代の経済学(若者、地方へ)まとめ読み

 地方を目指す若者が増えている。厳しい競争社会を逃れ、のんびり暮らしたい人が地方を選ぶ時代は去った。ITや高速交通網の進展は都市と地方のインフラ格差を縮め、逆に低コストを武器に地方企業が競争を仕掛けた…続き (2012/3/31)

半数が「田舎で暮らしたい」、500人調査(若者、地方へ)
低温世代の経済学パート4(4)

 豊かな自然、安い物価、人のぬくもり……。大都会では得難い田舎暮らしの価値を享受しようと動き出す若者が増えている。どれくらいの人が田舎暮らしを望んでいるのか。いざ都会を離れ、田舎で暮らすにはどんな条件…続き (2012/3/30)

1時間でほかの店に移るのが福コンのルール。氷点下の週末の夜、出会いを求めて若者が飲食店街を回る

「古里プレミアム」にこだわる(若者、地方へ)
低温世代の経済学パート4(3)

 1990年代以降に社会人になった20~30代の若者たち。高度成長の熱気もバブルの興奮も知らない「低温世代」の彼らにとって、出世や高給への期待がしぼんだ大都会は必ずしも魅力的に映らない。むしろ幼い頃か…続き (2012/3/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<6/26の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(15~16日開催分、8:50)
  • 5月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 5月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 4月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 株主総会=日立建機、千代建、富士通、丸井G、SOMPO、MS&AD、第一生命HD、東京海上
  • 3~5月期決算=高島屋
  • 【海外】
  • シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドの各市場が休場
  • 6月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月の米耐久財受注額(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/27の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1~3月期の資金循環統計速報(8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 株主総会=国際石開帝石、キッコマン、味の素、東レ、三井化学、三菱ケミHD、テルモ、TOTO、新日鉄住金、日新製鋼、日立金、日製鋼、住友鉱、オークマ、富士電機、京セラ、日産自、日野自、タカタ、スクリン、あおぞら銀、オリックス、水戸、商船三井、NTT、セコム
  • 東証マザーズ上場=Fringe81
  • 【海外】
  • 夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)
  • 1~5月の中国工業企業利益(10:30)
  • 4月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 6月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演(28日0:15)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が英国学士院での討議に参加(ロンドン、28日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(28日6:30)
  • マレーシア、インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/28の予定>
  • 【国内】
  • 株主総会=石油資源、日清粉G、日ハム、大戸屋HD、日清食HD、旭化成、積水化、武田、フジHD、JXTG、三菱マ、住友電、SMC、ジェイテクト、東芝、エプソン、パイオニア、三井造、川重、マツダ、オリンパス、シチズン、大和証券G、T&D、東電HD、中部電、関西電、Jパワー
  • 3~5月期決算=Jフロント、ニトリHD
  • 【海外】
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演(0:15)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が討議に参加(2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(6:30)
  • 夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)
  • 5月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/29の予定>
  • 【国内】
  • 5月の自動車8社の生産・販売実績
  • 5月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 原田日銀審議委員が資本市場研究会で講演(都内、15:30)
  • 株主総会集中日=大成建、大林組、清水建、鹿島、大和ハウス、日揮、明治HD、野村不HD、王子HD、日本製紙、大王製紙、信越化、宇部興、OLC、富士フイルム、出光興産、住友大阪、太平洋セメ、三井金、フジクラ、住友重、ダイキン、三菱電、GSユアサ、パナソニック、TDK、カシオ、ファナック、ローム、村田製、いすゞ、スズキ、ニコン、凸版、大日印、任天堂、セイコーHD、三菱UFJ、三井住友トラ、三井住友FG、SBI、岡三、東海東京、三井不、三菱地所、日通、東ガス、大ガス
  • 【海外】
  • 夏季ダボス会議(中国・大連)
  • 6月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 3~5月期決算=ナイキ
  • インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/30の予定>
  • 閣議
  • 5月の全国・6月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 5月の家計調査(総務省、8:30)
  • 5月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 5月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 5月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 5月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 5月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 北沢損保協会長が会見(14:00)
  • 6月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=SYSホールディングス
  • マザーズ上場=ツナグ・ソリューションズ、GameWith
  • 6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 6月の中国非製造業PMI(10:00)
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独失業率(16:55)
  • 6月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月の米個人所得(21:30)
  • 5月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 6月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 6月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]