ニッポン改造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「花びら」開いて大空間 ヤマト、羽田に巨大物流拠点
スゴイ工事現場シリーズ

(1/7ページ)
2012/12/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 1枚約90tの巨大なプレキャストコンクリート板が円形に並んだ姿は、まるで花びらのよう。鉄骨屋根を持ち上げながら「花びら」が開くと、大空間の体育館が半日で上棟する――。こんな前例のない工事が、ヤマト運輸が約1400億円を投じて整備する物流ターミナル「羽田クロノゲート」で最盛期を迎えている。完成すればヤマトグループ最大規模の物流施設となる。

■羽田に敷地10万m2の巨大施設

 羽田クロノゲートは、羽田空…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

ニッポン改造 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

既存の高架線路を挟むかたちで相対式ホームが設置される、おおさか東線南区間の新駅「衣摺駅」(仮称)の建設箇所(写真:大野 雅人)

「おおさか東線」 ものづくりの街貫く新鉄道ルート

 大阪環状線の東側を南北に結ぶ新たな鉄道ルート「おおさか東線」。2019年春の開業を目指して工事が進む新大阪─放出間の北区間(11.1km)に加え、営業中の放出─久宝寺間の南区間(9.2km)でも新駅…続き (3/8)

日本橋室町3丁目地区再開発[マップB-3]。オフィス、商業、ホールなどからなる延べ面積約16万8000m2の大規模再開発。地下3階・地上26階で、5~25階にオフィス、3階にホール、地下1階~地上2階に商業施設、地上1階レベルには大規模な屋外広場を設ける(資料:三井不動産)

神田へ広がる再開発 「日本橋再生計画」第2ステージ

 日本橋エリアでは、「日本橋再生計画」の第2ステージが本格化の時期を迎える。三井不動産は、東急百貨店日本橋店の跡地に建設した「コレド日本橋」が開業した2004年…続き (2/28)

大手町2丁目常盤橋地区再開発[マップB-2]。日本ビル、朝日生命大手町ビルなどの跡地約3万1400m2に、総延べ面積約68万m2のオフィスを中心とした4棟のビルを建設する。設計は三菱地所設計が担当し、2027年9月の完成を目指す。4棟のうち最も規模が大きいB棟は、高さ約390m、地下5階・地上61階、延べ面積約49万m2。高さは大阪市のあべのハルカスを上回り、日本一となる(資料:三菱地所)

東京・八重洲 五輪後は日本有数の摩天楼に変貌

 東京駅周辺では、大手町の西側で「大手町1-1計画」「大手町2丁目地区再開発」「OH-1計画」の工事が着実に進んでいる。2016年4月には「大手町フィナンシャルシティ」(大手町1丁目第3地区再開発)が…続き (2/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月27日付

2017年3月27日付

・LG、日本の研究所統合 ロボなど強化
・海底3D地図 速く広く作成 三井造船など開発
・設備保守の東京電設サービス、東電系以外で売上高4割
・富士重、「アイサイト」新興国にも投入
・パソナ、自分磨き プロが指導…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト