日本経済新聞

9月21日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「深い呼吸」を身につけ不調を改善
働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

(1/2ページ)
2011/10/23 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「最も大切な健康法を一つだけ挙げて」と問われたある著名な健康指導者は「呼吸法」と答えたそうです。
 呼吸は、健康づくりの基本。でも最近は、浅い呼吸の人が増えています。体にいい深い呼吸とは、どんなものでしょう。答えは、お腹の中の筋肉の動きにありました。

 「生きる」という言葉は「息する」に由来するという話がある。本当かどうかはわからないが、生きている限り私たちが息をしているのは確かだ。そして死ぬときは「息を引き取る」。呼吸はそれほどに、昔から生命活動の象徴だったのだろう。

 文京学院大学准教授の柿崎藤泰さんは呼吸リハビリテーションの専門家。病気で息が苦しい人に深い呼吸のやり方を指導する仕事だが、「最近は病気でもないのに、呼吸が浅い人が本当に多いですね」と話す。

 それは、“息する力”が弱っているということ?

 「そうです。呼吸が浅いといろいろな不調が生じます。逆に、呼吸が深くなるだけで不調が消えるケースも多いですよ」

 ほぉーそれは興味深い。でも、そもそも「深い呼吸」ってどんな状態なのだろう?

画像の拡大

(この記事のイラスト:江田ななえ)
画像の拡大

(この記事のイラスト:江田ななえ)


肺を動かすのは周りを取り囲む筋肉

 呼吸は、体に酸素を取り入れて二酸化炭素を吐き出す作業。やっているのは肺だ。肺の内部は無数の小さな袋(肺胞)に分かれていて、スポンジのような構造だという。息を吸うと、肺全体が膨らんで肺胞に空気が入り、酸素を取り入れる。吐くときは肺が縮んで、肺胞から二酸化炭素を吐き出すわけだ。

 では、肺はどうやって伸縮するのだろう。心臓や胃腸のように筋肉で作られた内臓なら自力で動けるが、スポンジ状の肺には筋肉がない。伸縮させるのは、周りの筋肉の働きだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

呼吸法、呼吸リハビリテーション、呼吸、ポイント

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

移植した眼内コンタクトレンズをはずしたり、入れ替えたりできるのが利点

目の中にレンズ、新しい近視矯正手術が登場

 近視矯正手術のレーシックは問題点の指摘も少なくない。その問題点を解消する治療法として登場したのが、眼内コンタクトレンズ(ICL)挿入手術。しかも、従来のICLは眼圧が高まったり白内障になりやすいとい…続き (9/21)

健康診断を受ける新入社員

健康診断の結果に、性別など新基準範囲 読み解き方は

 2014年4月に日本人間ドック学会が発表した「新たな健診の基本検査の基準範囲」が話題に。「基準が緩くなった」と早合点した報道も多く、混乱もしたが、学会はすぐに否定。今回のてん末を、健康づくりに生かす…続き (9/14)

骨の中に“骨組み”があるそれが「骨コラーゲン」
(イラスト:江田ななえ、以下すべて)

美肌だけじゃない、丈夫な骨作る立役者「コラーゲン」

 「コラーゲン」は美肌成分として、女性にはおなじみの存在です。でも、体の中のコラーゲンは、肌以外でもしっかり働いているのです。それが骨の中。「あんな固い組織が、肌と同じ素材でできているなんて意外」と思…続き (9/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について