日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

腎臓がおしっこを作る深い理由
働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

(1/2ページ)
2012/9/23 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 今回の主役は「腎臓」。そう、おしっこを作る臓器です。それだけ聞くと単純な作業に思えるかもしれません。でも腎臓は、おしっこを作ることで、人体を維持するうえで最も根本的な、重要機能を支えているのです。それが「体液の恒常性の維持」。それって何? と思ったら、ぜひ読んでください。

 このシリーズで腎臓を取り上げるのは、今回が初めて。ほかの臓器に比べてこんなに遅くなってしまったことをまずお詫びします。腎臓さん、ごめん。

 とはいえ正直にいって、心臓や脳のような花形っぽい臓器に比べると、何となく地味な印象は否めない。だっておしっこを作るってことは、要するに老廃物を捨てるための働き……。

 「いやいや腎臓の役割は、いらないものを捨てるだけではないのですよ。体内の“最重要ルール”を守っているのです」

 こんなふうに力説しはじめたのは、順天堂大学医学部解剖学第一講座教授の坂井建雄さん。腎臓解剖学の専門家だ。でも、最重要ルールって何ですか?

 「生き物の体はすべて細胞からできていますね」。坂井さんはこんなふうに語り始めた。「細胞の種類はさまざまですが、どんな細胞も、生きるための共通要件があります。それは、周りの体液の塩分濃度が0.9%であること」。

 細胞は、体液(細胞外液)に浸って生きている。真水の中では塩分が足りなくて生きられないし、海水では濃すぎる。0.9%でなければダメなのだ。そこで体液の塩分濃度は、常に0.9%に保たれている。これを「恒常性の維持」(ホメオスタシス)という。人間の体を維持するための最重要ルールだ。

■大幅かつ迅速に体内の水分量を調節

 ここで下の図を見てほしい。体内の水分量は、入ってくる水と出ていく水のバランスで決まる。標準的な出入りのバランスは図の通りだが、汗や呼気として失われる量は、気温の変化でかなり変動する。飲む量だって日によって違うだろう。

画像の拡大

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

腎臓、おしっこ、水分、毛細血管、尿

働きもののカラダの仕組み

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

(イラスト:江田ななえ、以下同)

おしっこの色が濃くなったら…それは脱水のサイン [有料会員限定]

紀元前の古代エジプトで、糖尿病はすでに、おしっこにアリが群がる病気として文献に記載されていたそうです。おしっこから、体の不調や病気がわかります。注目ポイントは色、頻度、量、におい、そして泡です。…続き (8/30)

(画像提供:奥野センター長)

原因不明のしつこい痛み 犯人は「もやもや血管」かも

 病気やケガは治ったのに、あるいは思い当たる原因がないのに、いつまでも痛みが続く。しかし、病院でレントゲン検査などを行っても異常なしと言われる。そんな「慢性痛」の原因の一つが、局所に発生した微細な血管…続き (8/23)

(イラスト:いいあい)

脂肪肝に効く「1日30分の速歩」 コーヒーも効果的

 脂肪肝の患者は国内に約1000万人いるといわれる。その1~2割は慢性的な炎症を起こす非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という病気に移行するが、自覚症状はない。NASHになると命を脅かす肝硬変や肝がん…続き (8/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]