日本経済新聞

10月31日(金曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

腎臓がおしっこを作る深い理由
働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

(1/2ページ)
2012/9/23 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 今回の主役は「腎臓」。そう、おしっこを作る臓器です。それだけ聞くと単純な作業に思えるかもしれません。でも腎臓は、おしっこを作ることで、人体を維持するうえで最も根本的な、重要機能を支えているのです。それが「体液の恒常性の維持」。それって何? と思ったら、ぜひ読んでください。

 このシリーズで腎臓を取り上げるのは、今回が初めて。ほかの臓器に比べてこんなに遅くなってしまったことをまずお詫びします。腎臓さん、ごめん。

 とはいえ正直にいって、心臓や脳のような花形っぽい臓器に比べると、何となく地味な印象は否めない。だっておしっこを作るってことは、要するに老廃物を捨てるための働き……。

 「いやいや腎臓の役割は、いらないものを捨てるだけではないのですよ。体内の“最重要ルール”を守っているのです」

 こんなふうに力説しはじめたのは、順天堂大学医学部解剖学第一講座教授の坂井建雄さん。腎臓解剖学の専門家だ。でも、最重要ルールって何ですか?

 「生き物の体はすべて細胞からできていますね」。坂井さんはこんなふうに語り始めた。「細胞の種類はさまざまですが、どんな細胞も、生きるための共通要件があります。それは、周りの体液の塩分濃度が0.9%であること」。

 細胞は、体液(細胞外液)に浸って生きている。真水の中では塩分が足りなくて生きられないし、海水では濃すぎる。0.9%でなければダメなのだ。そこで体液の塩分濃度は、常に0.9%に保たれている。これを「恒常性の維持」(ホメオスタシス)という。人間の体を維持するための最重要ルールだ。

■大幅かつ迅速に体内の水分量を調節

 ここで下の図を見てほしい。体内の水分量は、入ってくる水と出ていく水のバランスで決まる。標準的な出入りのバランスは図の通りだが、汗や呼気として失われる量は、気温の変化でかなり変動する。飲む量だって日によって違うだろう。

画像の拡大

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

腎臓、おしっこ、水分、毛細血管、尿

働きもののカラダの仕組み

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[左]心臓は「心筋」という筋肉でできた袋。内部は4つの区画に分かれている。たくさんの血液が流れ込むと、袋が膨らんで心筋が引き伸ばされる。
[右]心筋は、引き伸ばされるほど強い収縮力を出す。流入する血液が増えるほど力強く縮む。だから、入ってきた血液をすべて押し出すことができる。
(イラスト:江田ななえ、以下同)

一番大事な心臓の、意外と単純なしくみ

 生きている限り、日夜休みなく働き続ける心臓。もし内臓の人気投票をしたらきっとトップでしょう。働きぶりがわかりやすいし、「ハート形」は親しまれているし。でも案外、素顔は知られていないかもしれません。ど…続き (10/26)

(Photo:zole4)

1日5グラムが世界基準、日本人まだ塩分取り過ぎ

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文、米国の状況を交えながら、健康や…続き (10/19)

食事はバランスに注意しながらしっかりとろう

妊婦さん痩せすぎにご用心、子どもの病気リスク高める

 中心的な妊孕(にんよう)世代である20、30代の女性の「痩せ」が問題だ。妊婦の栄養不足は、2500グラム未満の低出生体重児につながりやすく、そのことは赤ちゃんが将来、2型糖尿病、高血圧など生活習慣病…続き (10/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について