BPニュースセレクト

1枚で全国の交通機関対応 ICカード10種類で相互利用

2012/12/18付
共有
保存
印刷
その他

 東日本旅客鉄道(JR東日本)などJRグループ5社、PASMO協議会、スルッとKANSAI協議会、福岡市交通局など10の交通事業者・協議会は2012年12月18日、それぞれが発行する交通系ICカード(図1)の全国相互利用サービスを、2013年3月23日から開始すると正式に発表した。

図1 2013年3月から相互利用が可能になるICカードの一部
画像の拡大

図1 2013年3月から相互利用が可能になるICカードの一部

 1枚のICカードを持てば、全国の交通機関や店舗で利用できるようになる。地域・用途ごとに普及が進んできたICカード・電子マネーは新たな段階に進むことになる。

 これらの事業者は2010年12月に相互利用の計画を表明し、情報システムや制度面の準備を進めてきた。従来は、個別の事業者間ではICカードの相互利用が可能なケースもあったが、地域をまたぐときなどに不都合があった。

 例えば、関東の私鉄・バスで組織するPASMO協議会のICカードPASMO(パスモ)を持っている場合、JR東日本のICカードSuica(スイカ)のエリア内では相互利用できるが、他の地域(中京圏、関西圏、九州など)に旅行した場合には利用できず、その地域のICカードを別途購入する必要があった。

 2013年以降は10種類のICカードのうち1枚を持っていれば、地域・事業者にかかわらず、どの駅・バスでも利用できるようになる。利用可能な交通機関の合計は鉄道52事業者4275駅、バスは96事業者2万1450台に上る。

 10種類のうち、関西私鉄・バスのPiTaPaを除く9種類のICカードでは、電子マネー機能の相互利用も可能になる。加盟店数は合計約20万店舗に上り、競合電子マネーの楽天Edy(約30万店舗)に次ぐ規模となる。

 対象となるICカードは、Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類。交通系ICカードの大多数を網羅するが、中小私鉄・バス会社などが独自に発行するICカードは相互利用の対象外になる。

(ITpro 清嶋直樹)

[ITpro 2012年12月18日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東日本旅客鉄道ICカードPASMO協議会SuicaJR楽天

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

ソニー、距離・時速100kmでも通信可能な技術 [有料会員限定]

 ソニーは、低消費電力で広域をカバーできるLPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク技術として、100km以上の遠距離通信と100km/時の高速移動中でも安定した通信が可能な新技術…続き (29日 6:00)

「セコムドローン」による「巡回監視サービス」の利用イメージ(図:セコムのニュースリリースより)

刑務所を自律型ドローンが巡回監視、セコムが実証実験 [有料会員限定]

 セコムは、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った「巡回監視サービス」の実証実験を、山口県美祢市にあるPFI(民間の資金や経営力・技術力を活用することによって公共施設の建設や維持…続き (29日 6:00)

産業用ロボットの総出荷台数、1~3月期で過去最高 [有料会員限定]

 日本ロボット工業会は2017年4月27日、産業用ロボットの2017年1~3月期の総出荷台数が前年同期比26.7%増の4万6952台になり、過去最高値を更新したと発表した。総出荷額は同16.2%増の1…続き (28日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

関連媒体サイト