日本経済新聞

4月19日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ももクロ、初のAKB超え タレントパワーランキング
日経エンタテインメント!

(1/3ページ)
2013/6/24 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 多くのグループがしのぎを削ることから「戦国時代」などと称される女子アイドル。「日経エンタテインメント!」誌が2013年6月号で発表した最新のタレントパワーランキング調査ではついに“下克上”の結果が出た。長らくシーンの先頭を走ってきたAKB48を、2012年末の『紅白歌合戦』初出場以来、躍進が続くももいろクローバーZ(以下、ももクロ)が、僅差ながら初めて抜いたのだ。コアなファンが複数枚買うことも多い、CDセールスの面ではまだまだAKB48が圧倒的だが、ファン以外も含めた関心度の広がりを表すタレントパワースコアで見ると、今はももクロに勢いがあるという結果になった。

 ももクロは、2011年4月に「ももいろクローバーZ」と改名して以降、スコアがずっと右肩上がりの傾向にある。特に、大きく伸びたのが2012年5月と同年11月の調査だ。

[左]タレントパワーランキングの女性グループ部門で、ももいろクローバーZのスコアが僅差ながらもAKB48を上回った
[右]ももいろクローバーZは、2012年以降にスコアが急伸している
画像の拡大

[左]タレントパワーランキングの女性グループ部門で、ももいろクローバーZのスコアが僅差ながらもAKB48を上回った
[右]ももいろクローバーZは、2012年以降にスコアが急伸している

 前者は、2011年に発売した1stアルバム『バトル アンド ロマンス』が「CDショップ大賞」を受賞したほか、初の横浜アリーナコンサートを2日間開催し、その場で夏の西武ドーム公演を発表するなど、ライブ会場が一気に拡大。音楽ファン、アイドルファンからの支持が強まった時期といえる。後者の2012年11月という時期には、北川景子主演の『悪夢ちゃん』で初めてテレビドラマ主題歌を担当し、歌番組やバラエティーなどの露出が増加。CDだけでなく、カラオケや配信でもロングヒットとなるなど、お茶の間層へもファンを広げた時期だ。

[左]ももいろクローバーZは2008年結成。2010年5月『行くぜっ!怪盗少女』でメジャーデビュー。2011年4月、早見あかりの脱退を経て、「Z」へと改名。8月4日には横浜・日産スタジアムで単独コンサートを開催する(写真:加藤康)
[右]2005年に初公演したAKB48は、2006年2月に『桜の花びらたち』でメジャーデビュー。6月8日に横浜・日産スタジアムで「AKB48スーパーフェスティバル」を開催。第5回選抜総選挙の結果を発表した(写真:辺見真也)

[左]ももいろクローバーZは2008年結成。2010年5月『行くぜっ!怪盗少女』でメジャーデビュー。2011年4月、早見あかりの脱退を経て、「Z」へと改名。8月4日には横浜・日産スタジアムで単独コンサートを開催する(写真:加藤康)
[右]2005年に初公演したAKB48は、2006年2月に『桜の花びらたち』でメジャーデビュー。6月8日に横浜・日産スタジアムで「AKB48スーパーフェスティバル」を開催。第5回選抜総選挙の結果を発表した(写真:辺見真也)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ももいろクローバーZ、AKB48、大島優子、篠田麻里子、前田敦子

人気の女性アイドル

「エンタウオッチング」アイドル分析

2013年タレントパワーランキング

2012年タレントパワーランキング

2011年タレントパワーランキング

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チームKとして最後の公演となりそうな『最終ベルが鳴る』での大島優子。2014年2月20日のゲネプロでは、最後の曲で涙をこぼす場面も

日経エンタテインメント!

主力級が続々脱退 女子アイドル卒業名簿2014

 女子アイドルにはつきもののグループからの卒業。この春も多くのアイドルが新しい一歩を踏み出す。人気メンバーの卒業は本人だけでなくグループにも大きな影響を与える。特に今年は人気メンバーの卒業が目立つ。…続き (4/14)

和田竜(わだ・りょう)。1969年、大阪生まれ、広島育ち。2003年、繊維業界紙の記者である傍ら書いた脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。これを小説化した『のぼうの城』で2008年に直木賞候補となる。同作は2012年に映画化され200万部超のヒットに。著書に『小太郎の左腕』など(写真:鈴木芳果)

本屋大賞受賞、著者・和田竜が語る「村上海賊の娘」

 『のぼうの城』で一躍その名を知らしめた歴史小説の旗手、和田竜。4年ぶりとなる新作『村上海賊の娘』は、上下巻で1000ページ近い超大作だ。同書は、2014年3月に吉川英治文学新人賞を受賞。そして今回、…続き (4/9)

各書店で大展開される、本屋大賞ノミネート作フェア。「本屋大賞候補作」の帯もつき、発表までの期間を盛り上げる(写真:鈴木芳果、以下同)

発表は明日、候補10作品から「本屋大賞」を予想

 全国書店員の投票で選ばれる、本屋大賞の発表が明日、2014年4月8日に迫った。今やセールスに最も直結する文学賞といわれ、11回目となる今年も大いに注目される。すでに同年1月21日に終えた一次投票の結…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

映画館検索

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について