こんなCCやBCCは身を滅ぼす 徹底図解・仕事メールのマナー(3)

(1/3ページ)
2011/6/23 7:00
保存
印刷
その他

 メールの送り先を指定する欄には「宛先」「CC」「BCC」の3種類があることはご存じでしょう。でも正しく使い分けていますか。不要なCCメールは、相手にとって迷惑メールそのもの。また、BCCで受信したメールに対して「全員に返信」をしてしまうと、会社の信用を失うような致命的なミスになりかねません。今回(本連載の第3回)も、汎用性の高いメールソフト「Windows Live Mail(ウィンドウズ・ライブ・メール)」の画面写真を多数参考にしながら、ビジネスメールのマナーを学びます。

図1 うっかりミスでダメージが一番大きいのが「CC」や「BCC」に関するもの。「お客様へのお詫びメールを部長にBCCで送るはずがCCだった」(右図)、「互いに面識がない人たちにCCで送ってしまった」(左図)などは会社の信用にかかわる
画像の拡大

図1 うっかりミスでダメージが一番大きいのが「CC」や「BCC」に関するもの。「お客様へのお詫びメールを部長にBCCで送るはずがCCだった」(右図)、「互いに面識がない人たちにCCで送ってしまった」(左図)などは会社の信用にかかわる

図2 普段最もよく使うのが「宛先」。返信する場合は「全員に返信」をクリックすれば、送信者はもちろん、「宛先」欄にあった全員に返信される
画像の拡大

図2 普段最もよく使うのが「宛先」。返信する場合は「全員に返信」をクリックすれば、送信者はもちろん、「宛先」欄にあった全員に返信される

 図1の左図は、よくありがちなミスだ。互いに面識がない複数の取引先に資料を一斉送信する際、うっかりCCしてしまった例である。受け取った側では見ず知らずの人のアドレスが「CC」欄にずらりと並ぶ。典型的な個人情報漏洩だ。

 一方、図1の右図は、大事なお客様へのお詫びメールを上司にも報告しようとして、誤ってCCで送信した例。お客様にしてみれば、見知らぬ人(上司)のアドレスが「CC」欄にあるのでは気分が悪い。どんなに丁寧な謝罪メールであっても、これではお詫びの気持ちは伝わらない。

 では、宛先、CC、BCCの正しい使い分け方とタブーを紹介していこう。

 まずは基本の「宛先」欄の使い方から。これは互いに面識がある人たちにメールを一斉送信する場合に使うところである(図2)。

[注]本記事中のメールソフト画面には、Windows XP版のWindows Live Mail(ウィンドウズ・ライブ・メール)を使用。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

CCBCCWindows Live Mail

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年9月28日付

2016年9月28日付

・鉄鋼製缶子会社を売却 ブラジルのナショナル製鉄
・UKC スマホ基板 ベトナムで生産受託
・エクソソームでがん治療 新山手病院や三重大
・廃プラで走れ 燃料電池車 昭和電工が実験
・LINEでガス器具販売 日本瓦斯…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト