こんなCCやBCCは身を滅ぼす 徹底図解・仕事メールのマナー(3)

(1/3ページ)
2011/6/23 7:00
保存
印刷
その他

 メールの送り先を指定する欄には「宛先」「CC」「BCC」の3種類があることはご存じでしょう。でも正しく使い分けていますか。不要なCCメールは、相手にとって迷惑メールそのもの。また、BCCで受信したメールに対して「全員に返信」をしてしまうと、会社の信用を失うような致命的なミスになりかねません。今回(本連載の第3回)も、汎用性の高いメールソフト「Windows Live Mail(ウィンドウズ・ライブ・メール)」の画面写真を多数参考にしながら、ビジネスメールのマナーを学びます。

図1 うっかりミスでダメージが一番大きいのが「CC」や「BCC」に関するもの。「お客様へのお詫びメールを部長にBCCで送るはずがCCだった」(右図)、「互いに面識がない人たちにCCで送ってしまった」(左図)などは会社の信用にかかわる
画像の拡大

図1 うっかりミスでダメージが一番大きいのが「CC」や「BCC」に関するもの。「お客様へのお詫びメールを部長にBCCで送るはずがCCだった」(右図)、「互いに面識がない人たちにCCで送ってしまった」(左図)などは会社の信用にかかわる

図2 普段最もよく使うのが「宛先」。返信する場合は「全員に返信」をクリックすれば、送信者はもちろん、「宛先」欄にあった全員に返信される
画像の拡大

図2 普段最もよく使うのが「宛先」。返信する場合は「全員に返信」をクリックすれば、送信者はもちろん、「宛先」欄にあった全員に返信される

 図1の左図は、よくありがちなミスだ。互いに面識がない複数の取引先に資料を一斉送信する際、うっかりCCしてしまった例である。受け取った側では見ず知らずの人のアドレスが「CC」欄にずらりと並ぶ。典型的な個人情報漏洩だ。

 一方、図1の右図は、大事なお客様へのお詫びメールを上司にも報告しようとして、誤ってCCで送信した例。お客様にしてみれば、見知らぬ人(上司)のアドレスが「CC」欄にあるのでは気分が悪い。どんなに丁寧な謝罪メールであっても、これではお詫びの気持ちは伝わらない。

 では、宛先、CC、BCCの正しい使い分け方とタブーを紹介していこう。

 まずは基本の「宛先」欄の使い方から。これは互いに面識がある人たちにメールを一斉送信する場合に使うところである(図2)。

[注]本記事中のメールソフト画面には、Windows XP版のWindows Live Mail(ウィンドウズ・ライブ・メール)を使用。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

CCBCCWindows Live Mail

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年12月9日付

2016年12月9日付

・農作業者の負荷計測やシフト作成 腕時計端末で管理 CTC
・ポケモンGO、想定の50倍利用でもサービス継続 技術責任者に聞く
・AIカメラで人物監視 三菱電機、五輪にらむ
・牧野フライス、工作機械の展示場付きサービス拠点、名古屋・神戸も
・シダックス、カラオケ店にアリペイ導入…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト