Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

モバイル決済、本命候補NFCが大苦戦 簡易方式に人気
世界のモバイル通信事情(3)

(1/3ページ)
2013/12/27 7:00
共有
保存
印刷
その他

 2013年7月に米スプリント・ネクステル(現スプリント)を買収したソフトバンク。2013年10月にはガンホー・オンライン・エンターテイメントと共同でフィンランドのゲーム会社、さらには携帯電話端末の卸売事業で世界最大規模の米社をそれぞれ傘下に収めると発表した。ソフトバンクに限らず、NTTドコモやKDDIもグローバル展開を強化している。こうした動きの背景にあるのは、国内市場の成熟化だ。各社が海外展開に力を入れるのは自然の流れで、今後はボーダレス化の動きがさらに加速していく。今や、通信業界に携わる人も一般ユーザーも、海外の動向を把握しておくことは不可欠になってきた。連載「世界のモバイル通信事情」では、一般ユーザーになじみが深い「携帯電話端末市場」「公衆無線LAN」「モバイル決済」「モバイルヘルス」という4つの動向について、情報通信総合研究所の研究員が解説する。今回は、モバイル決済に関する最新事情を紹介しよう。(日経コミュニケーション)

 日本では「おサイフケータイ」でおなじみのモバイル決済。米ガートナーによると、モバイル決済の世界市場規模は2012年に1631億ドル(約16兆円)となった。2013年は前年比44%増の2354億ドル(約23兆円)、ユーザー数は同22%増の2億4500万人に拡大する見通しだ。それが2017年には7210億ドル(約71兆円)、ユーザー数で4億5000万人規模まで成長が期待されている。

 だが、欧米では日本のおサイフケータイのようなICチップ方式ではなく、バーコードや簡易リーダーを活用した方式が主流で、ハードからソフト(アプリ)へのシフトが鮮明となっている。用途も単なる「決済」から、クーポン配信やポイントプログラムなどと連動した「マーケティングプラットフォーム」に変わりつつある。

■海外で苦戦が続くNFC方式

図1 米スターバックスはスマホ向けアプリで簡易決済を実現。端末に表示したバーコードを提示するだけで支払いが完了する。プリペイドカード(スターバックスカード)と連動しており、クレジットカードによるチャージも可能
画像の拡大

図1 米スターバックスはスマホ向けアプリで簡易決済を実現。端末に表示したバーコードを提示するだけで支払いが完了する。プリペイドカード(スターバックスカード)と連動しており、クレジットカードによるチャージも可能

 米国での成功例を見てみよう。スターバックスのスマートフォン(スマホ)向けアプリがそれだ。同社のプリペイドカード(スターバックスカード)と連動しており、アプリで商品を選択。表示されたバーコードをレジにかざすだけで支払いが完了する(図1)。

 その裏ではユーザーのアカウントから商品の代金が引き落とされており、クレジットカードによる自動チャージが可能。ユーザーはアプリを使って残高やポイントを確認したり、店舗を検索したりできる。同アプリを用いた決済は週に300万回を超えるという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人の知性超えるカメラ 車載や監視、FAがけん引 [有料会員限定]

 イメージセンサーや画像処理技術、画像認識技術といったカメラ技術は、これまで人間の眼(視覚)を超えることを目標に進化してきた。今後は、撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる、知性を備えたカメラ技…続き (5/24)

図1 2017年以降、航続距離を延ばしたPHVやEVが相次いで投入される。Chevrolet Bolt EVは、米国における本格的な発売は2017年だが、カリフォルニア州とオレゴン州では2016年内に発売している。次期リーフの発表時期、航続距離、実質価格は日経Automotiveの予測で、同写真は現行のもので代用した。価格の1ドルは111円で換算した

大衆車で十分な航続距離、「第2世代」リチウムイオン [有料会員限定]

 2017年以降、質量当たりのエネルギー密度を「200~300Wh/kg」に高めた第2世代の車載用リチウムイオン電池(LIB)の搭載が本格化しそうだ。背景には、電気自動車(EV)の満充電1回当たりの航…続き (5/24)

オフィスロボットの導入に携わる上原一仁氏(左上)、長澤拓馬氏(右上)、松田貴久美氏(左下)、町田理恵氏

業務1.2倍で人員3割減 オリックス「在宅よりロボ」 [有料会員限定]

 「午後6時だった終業時間を5時20分に変更」。オフィスワークの見える化と改善を8年にわたり繰り返すことで、2015年4月、就業時間を短縮したのが、オリックス・ビジネスセンター沖縄(OBCO、那覇市)…続き (5/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月24日付

2017年5月24日付

・AI翻訳家、電子書籍を英訳 メディアドゥ 要約から全文へ
・猛暑でも野菜スクスク トーヨーエネルギーが植物工場+ビニールハウス
・牧野フライス ベリリウム銅金型の放電加工 時間半減
・シノブフーズ 弁当の商品数集約 中小スーパー向け
・CSR 社外連携に軸足 味の素が公益財団法人…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト