BPニュースセレクト

「ギャラクシーS4」はドコモ限定 サムスン幹部

2013/5/17付
保存
印刷
その他

 「ドコモのお客様だけが使える」。韓国サムスン電子 無線事業部副社長のイ・ヨンヒ氏は2013年5月16日、都内で開催した説明会で、同社の最新スマートフォン「GALAXY S4」は日本ではNTTドコモだけが取り扱うことを明らかにした(図1)。GALAXY Sシリーズの従来機種はKDDIでも販売していた。GALAXY S4は、5月15日のNTTドコモの発表会で同社代表取締役社長の加藤薫氏が「ドコモの顔」として紹介した“ツートップ”の一翼を担う製品である。

 サムスン電子は3月14日に米国・ニューヨークで開催したGALAXY S4の発表会を皮切りに、世界10都市で同製品の機能などを説明する「GALAXY S4 WORLD TOUR 2013」を開いてきた。東京はこのツアーの“終着地”に当たる。

図2 GALAXY S4を日本ではNTTドコモだけから販売することを述べるイ・ヨンヒ副社長
画像の拡大

図2 GALAXY S4を日本ではNTTドコモだけから販売することを述べるイ・ヨンヒ副社長

図1 トークセッションに登壇したゲストとともにフォトセッションに臨んだ韓国サムスン電子 無線事業部副社長のイ・ヨンヒ氏(右から3番目)、サムスン電子ジャパン 代表取締役のバン・サンウォン氏(右から2番目)、同 専務の石井圭介氏(左から3番目)
画像の拡大

図1 トークセッションに登壇したゲストとともにフォトセッションに臨んだ韓国サムスン電子 無線事業部副社長のイ・ヨンヒ氏(右から3番目)、サムスン電子ジャパン 代表取締役のバン・サンウォン氏(右から2番目)、同 専務の石井圭介氏(左から3番目)

 イ氏は、「東京をフィナーレの地に選んだのには理由がある」と述べ、「東京は家電やモバイル機器のトレンドセッターであり、世界でも最大規模の成功したモバイル市場である」と続けた。その市場の46%のシェアを握っているのがNTTドコモであり、GALAXY S4は北米や欧州、南米などで「サムスン(のスマートフォン)史上もっとも急速に販売台数を伸ばしている」と説明した後、冒頭の発言を述べた(図2)。

図4 サムスン電子のGALAXYシリーズは2013年3月末で累計500万台超の販売台数を達成
画像の拡大

図4 サムスン電子のGALAXYシリーズは2013年3月末で累計500万台超の販売台数を達成

図3 2013年度はスマートフォンの販売数が2012年度よりもさらに21%伸びると説明するNTTドコモ プロダクト部長の丸山誠治氏
画像の拡大

図3 2013年度はスマートフォンの販売数が2012年度よりもさらに21%伸びると説明するNTTドコモ プロダクト部長の丸山誠治氏

 同説明会にはNTTドコモ プロダクト部長の丸山誠治氏も登壇。2013年度はスマートフォンの販売台数が2012年度よりもさらに21%伸びると述べ、従来の携帯電話からの買い替えや、スマートフォンの買い替えも増えてくるとした(図3)。さらに同氏は、サムスン電子のGALAXYシリーズが2013年3月末で累計500万台超の販売台数を達成したと説明(図4)。特にGALAXY S3の販売台数は単独の機種として100万台を超えたことを明らかにし、GALAXY S4について「もっと大きな販売数を期待している」と語った。

 MM総研の調査によると、日本におけるスマートフォンのメーカー別出荷台数シェア(2012年度)においてサムスン電子は第5位。世界の携帯電話販売台数シェアのトップ(2013年第1四半期、米ガートナーの調査)である同社にとって、日本は何としても成功を収めたい市場である。「テレビCMの量は(前機種の)1.5倍に増やす」(サムスン電子ジャパン 専務の石井圭介氏)など、これまで以上にGALAXY S4はマーケティングにも力を入れるとした。

(ITpro 大谷晃司)

[ITpro 2013年5月16日掲載]

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

米アマゾン、中東の大手ECサイト買収で合意か [有料会員限定]

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)が中東の大手ECサイト「Souq.com」を買収することで両社が合意したと、英ロイターが現地時間2017年3月22日に報じた。Amazon.comは同…続き (6:00)

maXimの仕組み(竹中工務店のニュースリリースより)

「連鎖する災害」をVR体験、避難行動も 竹中工務店 [有料会員限定]

 竹中工務店は2017年3月22日、災害事象の統合VRシステム 「maXim(マキシム)」を開発したと発表した。連鎖的な発生が想定される地震や火災、津波など複数の災害の予測や、その際の避難行動の解析結…続き (6:00)

米国の商用ドローン 2021年には現在の10倍以上に [有料会員限定]

 米連邦航空局(FAA)が現地時間2017年3月21日までにまとめた、航空宇宙産業に関するリポートによると、ドローンとも呼ばれる無人機(UAS:Unmanned Aircraft System)の米国…続き (23日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月24日付

2017年3月24日付

・人の流れ割安で解析 日本ユニシス
・トマトの品質高める遺伝子 横浜市大が発見
・抗がん剤の調合安全に 日本エアーテック 作業後オゾンで分解
・米コーニング ドローンで赤外線撮影 小型カメラで日本参入
・ジヤトコ 変速機生産にクリーンルーム 国内外で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

関連媒体サイト