ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新国立競技場、「ザハ」なぜ選ばれた 審査激論の中身

(1/4ページ)
2014/7/1 7:00
共有
保存
印刷
その他

日経アーキテクチュア

 2012年秋に実施された、新国立競技場の基本計画に関する国際デザイン・コンクールの詳細な選考過程がようやく明らかになった。事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)が2014年5月30日、報告書をウェブサイト上で公表した。国際デザイン・コンクールには46点(国内12点、海外34点)の応募があった。最優秀賞に選ばれたのは英国の設計事務所、ザハ・ハディド・アーキテクツ。なぜザハ案が選ばれたのか、最終審査での“激論”が明らかになった。

 応募作品の提出を締め切ったのは2012年9月25日。JSCは10月16日に一次審査を実施。最優秀賞を決める二次審査に進む作品として、国内4点、海外7点の計11点に絞り込んだ。11月7日に二次審査を行い、11月15日に最優秀賞を公表した。

2012年11月の国際デザイン・コンクールで最優秀賞に選ばれた時点でのザハ・ハディド・アーキテクツの案。北西側から見る(資料:日本スポーツ振興センター)
画像の拡大

2012年11月の国際デザイン・コンクールで最優秀賞に選ばれた時点でのザハ・ハディド・アーキテクツの案。北西側から見る(資料:日本スポーツ振興センター)

基本設計で固まった新国立競技場の完成予想図。南西側から見る。日建設計・梓設計・日本設計・アラップJVが基本設計を手掛けた(資料:日本スポーツ振興センター)
画像の拡大

基本設計で固まった新国立競技場の完成予想図。南西側から見る。日建設計・梓設計・日本設計・アラップJVが基本設計を手掛けた(資料:日本スポーツ振興センター)


 審査委員長を務めた建築家の安藤忠雄氏が、審査結果と講評を発表した。報道陣を前に、「満場一致で最優秀案とした」と強調したが、一連の詳細な経緯はこれまで明らかにされていなかった。

■一次審査前に技術調査

 報告書によれば、選考過程は次のようなものだった。一次審査に先立つ9月26日から10月8日にかけて、技術調査が行われた。応募作品について、作品の実現性、募集要項に規定した予条件や法令などへの充足状況などを確認した。技術調査での主な確認事項は、(1)可動席、(2)スタジアムへのアクセスや入退場の動線計画、(3)音響環境、(4)省エネ技術、(5)屋根の開閉機構、(6)工期――だった。

 これらの事項について、建築の各分野の専門性を有する技術調査員らが確認し、「○(実現可能)」、「△(設計段階で重大な調整が必要)」、「×(明らかに実現不可能)」の3段階で評価した。10月8日に技術調査会議が開かれ、技術調査員による評価を確認した。

 一方、9月26日から10月12日にかけて、日本人の審査委員による予備審査が行われた。応募作品の審査をスムーズに行うのが目的だ。応募者の匿名性を確保したうえで、「仮推薦作品」を選定した。この際、作品数は限定しなかったという。

■一次審査では6点が過半数の票獲得

2012年10月16日に開かれた一次審査の審査会場(写真:日本スポーツ振興センター)
画像の拡大

2012年10月16日に開かれた一次審査の審査会場(写真:日本スポーツ振興センター)

 10月16日に開いた一次審査では、各審査委員による仮推薦作品と、技術調査会議の結果に基づいて、二次審査に進む作品を選定した。予備審査で推薦が1票以下だった作品については審議対象から外した。得票が過半数を集めた作品については、技術調査の結果で明らかに実現不可能と評価された項目がないことを確認して、二次審査の対象作品として選定した。

 この段階で選ばれたのは6点。コックス・アーキテクチャー、ユーエヌスタジオ/ヤマシタセッケイ、ザハ・ハディド・アーキテクツ、タバンルオールー・アーキッテクトス・コンサルタンシー、SANAA+日建設計、環境デザイン研究所だった。

 過半数に満たなかったが2票から4票の複数票を獲得した作品は15点あった。これらは技術調査の結果を踏まえたうえで、審査が行われた。安藤委員長からは「デザイン競技の趣旨から、この段階では実現性に多少の難しさがあってもユニークな挑戦的な作品を残しても良いのではないか」といった意見があり、特徴のあるシンボリックな作品を選定することにした。ここでは、利活用の観点も踏まえて選んだという。

 こうして残る5点が選定された。ポピュラス、ドレルゴットメ・タネ/アーシテクト&アー+アーシテクチゥール、梓設計、伊東豊雄建築設計事務所、ゲーエムペー・インターナツィオナル・ゲーエムベーハーだ。

 計11点が二次審査に進んだ。一次審査の最後に、敷地条件など課題がある部分の取り扱いについては、事務局から応募者に確認することで了承された。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

英アームについて決算説明するソフトバンクグループの孫社長(2月8日、東京都中央区)

ソフトバンク傘下の「善しあし」 英アーム幹部に聞く

 売上高約1800億円の企業を約3兆3000億円の巨額買収――。ソフトバンクが2016年7月に発表した、英国の半導体設計企業ARM(アーム)の買収は、世間をあっと驚かせた。今なお、買収によってどのよう…続き (3/21)

内外為替一元化コンソーシアムの会合で47行の代表者が顔をそろえた

銀行ブロックチェーン始動へ、国内47行の本気度 [有料会員限定]

 国内の銀行連合が分散台帳の技術「ブロックチェーン」を取り込み、年内にもサービスを開始する。従来の送金システムと比べて、送金コストを10分の1以下に抑える。スマートフォン(スマホ)のアプリを使い、会食…続き (3/3)

写真1 火元となったラーメン店周辺を南側から見る。写真奥側へ向かって火災は進展した。この道路は広小路通り(写真:日経アーキテクチュア)

「裸木造」「飛び火」で延焼拡大、糸魚川大火の教訓 [有料会員限定]

 焼損棟数144棟、焼失面積約4万m2(平方メートル)――。発生から鎮火まで30時間を要した2016年12月22日の「糸魚川大火」。専門家は、木造建物の密集した街区、強風下での飛び火、消防の対応力の限…続き (3/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月28日付

2017年3月28日付

・京セラ 半導体製造装置用セラミック部品 米で5割増産
・白発光の防虫用LED ペンタクト 工場・倉庫作業しやすく
・富士フイルムHD 環境情報の報告システム刷新
・英プライメタルズ 製鉄プラントの保守サービスを強化
・ディノス・セシール 婦人服通販、店舗で試着OK…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト