日本経済新聞

12月22日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「年度視聴率二冠王」テレ朝、熟年と若者を魅了

(1/3ページ)
2013/4/22 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 テレビ朝日の勢いが止まらない。2012年春に初めて「月間視聴率三冠王」となり、「年間プライム帯1位」の栄冠も手にした。得意な番組ジャンルが広がり、放送局イメージは大きく変化。先日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の「年度二冠王」にも輝いた。その強さについて、視聴率データをもとに解説しよう。

テレビ朝日の人気番組。左上は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!』、左下は『ロンドンハーツ』、右は『相棒』
画像の拡大

テレビ朝日の人気番組。左上は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!』、左下は『ロンドンハーツ』、右は『相棒』

 2012年4月に開局以来初の「月間視聴率三冠王」[注1]になって以降、テレビ朝日の快進撃が止まらない。同年6月まで3カ月連続三冠王を獲得した後も、日本テレビやフジテレビと攻防を繰り広げ、大躍進の2012年を「年間プライム帯(19~23時)1位」で締めくくった。ゴールデン帯(19~22時)も、トップとわずか0.1ポイント差で年間2位だった。

 さらに、2013年4月に発表された「年度視聴率」で、テレビ朝日はプライムに加え、ゴールデンも1位となり、二冠を達成。“テレ朝時代”の到来をさらに印象づけることになった。

 テレビ朝日の強さとは何か。2012年の視聴率ランキングを改めて見てみよう。例年『NHK紅白歌合戦』やスポーツの国際試合が上位を占める総合ランキングでは、トップ20位内にテレ朝銘柄が6本ランクインした(2011年は3本)。うち5本はトップ10内である。

データで見るテレビ朝日。2012年のプライム帯(19~23時)視聴率推移。4月に「初の月間1位」になり、その後3カ月連続で首位だったが、7月に日テレが逆転。しかし、9月に同率ながら首位に返り咲き。10月期からは他局をどんどん引き離し、12月には2位の日テレに2ポイント、3位のフジに3ポイントも差をつけた。プライム帯とは、ゴールデン帯(19~22時)もカバーする時間帯のことで、視聴率のボリュームゾーンといわれる。それゆえ、この王座の意味は、テレビ局にとって、とてつもなく大きい
画像の拡大

データで見るテレビ朝日。2012年のプライム帯(19~23時)視聴率推移。4月に「初の月間1位」になり、その後3カ月連続で首位だったが、7月に日テレが逆転。しかし、9月に同率ながら首位に返り咲き。10月期からは他局をどんどん引き離し、12月には2位の日テレに2ポイント、3位のフジに3ポイントも差をつけた。プライム帯とは、ゴールデン帯(19~22時)もカバーする時間帯のことで、視聴率のボリュームゾーンといわれる。それゆえ、この王座の意味は、テレビ局にとって、とてつもなく大きい

2012年の視聴率総合トップ20。ランキングは全てビデオリサーチ関東地区調べのデータを基に日経エンタテインメント!編集部が作成。「総合トップ20」の連続ドラマは最高視聴率
画像の拡大

2012年の視聴率総合トップ20。ランキングは全てビデオリサーチ関東地区調べのデータを基に日経エンタテインメント!編集部が作成。「総合トップ20」の連続ドラマは最高視聴率


■スポーツに加え、ドラマとバラエティも強い

 アジアサッカー連盟主催試合の地上波独占放送権を持つテレビ朝日は、2012年のようなワールドカップイヤーにはがぜん強さを発揮する。同放送権には今ではドル箱と化した多くのなでしこ戦も含まれている。ほかにも「フィギュアスケートグランプリシリーズ」や「ワールドベースボールクラシック」など、高視聴率が見込める競技の放送権をいくつも持っているのがテレビ朝日だ。

[注1]視聴率三冠王とは、「全日(6~24時)」「ゴールデン(19~22時)」「プライム(19~23時)」の3つの時間帯すべてで平均視聴率がトップになること。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

テレビ朝日、ももいろクローバーZ、フジテレビ、板野友美、バナナマン、ロンドンハーツ、アメトーーク!、報道ステーション、お試しかっ!、日本テレビ、YouTube、TBS、視聴率

エンタテインメント業界の行方

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

【『進撃』が際立つポイント2】弱きが強きに自由を求める王道の少年マンガ。主人公のエレン・イェーガーが「巨人を駆逐する」ために自分を奮い立たせて戦いに挑んでいくバトル作品である一方、訓練時代をともにする104期のメンバーたちとの友情や信頼を育む成長物語でもある

進撃の巨人、アニメ化で飛躍 企業巻き込み社会現象に

 2009年に『別冊少年マガジン』(講談社)で連載を開始した諫山創原作の『進撃の巨人』(以下『進撃』)は、連載直後から「巨人が人を食らう」という少年マンガらしからぬセンセーショナルな設定と、不気味でイ…続き (12/22)

大物俳優に囲まれ、食べながらセリフを言う演技は想像以上に難易度が高い。そこでのシャーロットの熱演にも注目だ

「マッサン」 たくましく生きて輝いた夫婦の物語

 NHK「連続テレビ小説」の勢いが止まらない。ここ数年好調が伝えられるなか、2013年放送の『あまちゃん』以降は3作連続で平均視聴率が20%を超えた。現在放送中の『マッサン』も高視聴率をキープしている…続き (12/18)

でんぱ組.inc(でんぱぐみ・いんく)。2008年に結成。2011年11月にトイズファクトリーからシングル『Future Diver』をリリースし本格的にメジャー活動を開始。メンバーは写真上段左から、夢眠ねむ、相沢梨紗、最上もが、成瀬瑛美、下段左から古川未鈴、藤咲彩音。11月26日にシングル『でんぱーりーナイト』をリリース

デビュー2年で武道館 女子アイドル業界、異変あり

 ライブ規模やCD売上枚数など数字の面で、頂点を打ったかに見えるアイドルシーン。2014年はアイドルの握手会が、暴漢に襲撃されるという事件も起こり、市場の先行きが心配された局面もあった。トップクラスの…続き (12/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

映画館検索
ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について