日本経済新聞

4月18日(金曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「年度視聴率二冠王」テレ朝、熟年と若者を魅了

(1/3ページ)
2013/4/22 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 テレビ朝日の勢いが止まらない。2012年春に初めて「月間視聴率三冠王」となり、「年間プライム帯1位」の栄冠も手にした。得意な番組ジャンルが広がり、放送局イメージは大きく変化。先日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の「年度二冠王」にも輝いた。その強さについて、視聴率データをもとに解説しよう。

テレビ朝日の人気番組。左上は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!』、左下は『ロンドンハーツ』、右は『相棒』
画像の拡大

テレビ朝日の人気番組。左上は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!』、左下は『ロンドンハーツ』、右は『相棒』

 2012年4月に開局以来初の「月間視聴率三冠王」[注1]になって以降、テレビ朝日の快進撃が止まらない。同年6月まで3カ月連続三冠王を獲得した後も、日本テレビやフジテレビと攻防を繰り広げ、大躍進の2012年を「年間プライム帯(19~23時)1位」で締めくくった。ゴールデン帯(19~22時)も、トップとわずか0.1ポイント差で年間2位だった。

 さらに、2013年4月に発表された「年度視聴率」で、テレビ朝日はプライムに加え、ゴールデンも1位となり、二冠を達成。“テレ朝時代”の到来をさらに印象づけることになった。

 テレビ朝日の強さとは何か。2012年の視聴率ランキングを改めて見てみよう。例年『NHK紅白歌合戦』やスポーツの国際試合が上位を占める総合ランキングでは、トップ20位内にテレ朝銘柄が6本ランクインした(2011年は3本)。うち5本はトップ10内である。

データで見るテレビ朝日。2012年のプライム帯(19~23時)視聴率推移。4月に「初の月間1位」になり、その後3カ月連続で首位だったが、7月に日テレが逆転。しかし、9月に同率ながら首位に返り咲き。10月期からは他局をどんどん引き離し、12月には2位の日テレに2ポイント、3位のフジに3ポイントも差をつけた。プライム帯とは、ゴールデン帯(19~22時)もカバーする時間帯のことで、視聴率のボリュームゾーンといわれる。それゆえ、この王座の意味は、テレビ局にとって、とてつもなく大きい
画像の拡大

データで見るテレビ朝日。2012年のプライム帯(19~23時)視聴率推移。4月に「初の月間1位」になり、その後3カ月連続で首位だったが、7月に日テレが逆転。しかし、9月に同率ながら首位に返り咲き。10月期からは他局をどんどん引き離し、12月には2位の日テレに2ポイント、3位のフジに3ポイントも差をつけた。プライム帯とは、ゴールデン帯(19~22時)もカバーする時間帯のことで、視聴率のボリュームゾーンといわれる。それゆえ、この王座の意味は、テレビ局にとって、とてつもなく大きい

2012年の視聴率総合トップ20。ランキングは全てビデオリサーチ関東地区調べのデータを基に日経エンタテインメント!編集部が作成。「総合トップ20」の連続ドラマは最高視聴率
画像の拡大

2012年の視聴率総合トップ20。ランキングは全てビデオリサーチ関東地区調べのデータを基に日経エンタテインメント!編集部が作成。「総合トップ20」の連続ドラマは最高視聴率


■スポーツに加え、ドラマとバラエティも強い

 アジアサッカー連盟主催試合の地上波独占放送権を持つテレビ朝日は、2012年のようなワールドカップイヤーにはがぜん強さを発揮する。同放送権には今ではドル箱と化した多くのなでしこ戦も含まれている。ほかにも「フィギュアスケートグランプリシリーズ」や「ワールドベースボールクラシック」など、高視聴率が見込める競技の放送権をいくつも持っているのがテレビ朝日だ。

[注1]視聴率三冠王とは、「全日(6~24時)」「ゴールデン(19~22時)」「プライム(19~23時)」の3つの時間帯すべてで平均視聴率がトップになること。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

テレビ朝日、ももいろクローバーZ、フジテレビ、板野友美、バナナマン、ロンドンハーツ、アメトーーク!、報道ステーション、お試しかっ!、日本テレビ、YouTube、TBS、視聴率

エンタテインメント業界の行方

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チームKとして最後の公演となりそうな『最終ベルが鳴る』での大島優子。2014年2月20日のゲネプロでは、最後の曲で涙をこぼす場面も

日経エンタテインメント!

主力級が続々脱退 女子アイドル卒業名簿2014

 女子アイドルにはつきもののグループからの卒業。この春も多くのアイドルが新しい一歩を踏み出す。人気メンバーの卒業は本人だけでなくグループにも大きな影響を与える。特に今年は人気メンバーの卒業が目立つ。…続き (4/14)

和田竜(わだ・りょう)。1969年、大阪生まれ、広島育ち。2003年、繊維業界紙の記者である傍ら書いた脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。これを小説化した『のぼうの城』で2008年に直木賞候補となる。同作は2012年に映画化され200万部超のヒットに。著書に『小太郎の左腕』など(写真:鈴木芳果)

本屋大賞受賞、著者・和田竜が語る「村上海賊の娘」

 『のぼうの城』で一躍その名を知らしめた歴史小説の旗手、和田竜。4年ぶりとなる新作『村上海賊の娘』は、上下巻で1000ページ近い超大作だ。同書は、2014年3月に吉川英治文学新人賞を受賞。そして今回、…続き (4/9)

各書店で大展開される、本屋大賞ノミネート作フェア。「本屋大賞候補作」の帯もつき、発表までの期間を盛り上げる(写真:鈴木芳果、以下同)

発表は明日、候補10作品から「本屋大賞」を予想

 全国書店員の投票で選ばれる、本屋大賞の発表が明日、2014年4月8日に迫った。今やセールスに最も直結する文学賞といわれ、11回目となる今年も大いに注目される。すでに同年1月21日に終えた一次投票の結…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

映画館検索

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について